色弱とは

どう困るのか?
皿の色
看板の色など
様々な用途で色で指定されても困ることが有る。。
普通の人が判断できる色が
色弱の人だと判別できない事がある上に
色弱のタイプによっても判断できにくい色が多用であることから気をつけるべき要素も注意するには多種多様になってしまうため社会生活で不都合なことが多い

考えられるシーン

多々思われる場面

  • サイトのデザインや
  • 利用している色が単調
    一色他の色合いにしているひとがたまに見かける。
    こういう人を見かけるともしかすると色弱なのでは?と疑問視してしまう。

  • 皿やコップの色が判断できない。
  • 信号機や看板の色が区別できない。一般的な生活で苦労する。
  • 服の色が判別できない。普段の生活だけでなく、ファッションセンスが他の人には理解できない色合いになる可能性が有る。

仕事での難点

色の支持が通じない。
「何色の皿持ってきて」だとか
「何色の箱を取ってきて」という指示では誤認することがある。
指示が通じないのではなく、色を適切に判断できないのだ。

色弱であること

過去に色弱と思われる人、色弱であるひとを見た限り、ひねくれている要素は多い。
単に色弱ということよりも家庭環境や生育環境に難があった可能性も多いが、+色弱ということで癖だけが強くなりひねくれている可能性が高い。
これは他の障害でも同様のことが言える。
自分の考え方が正しいと意固地になる兆候が有る。
自分が理解されない社会は悪とする幼稚な思考も改善されなかったり鬱などを発症して薬頼っていると、厄介さは何倍にも増す。
メンヘラの特徴