主婦と闇金の関係について、
貸金業法改正のためにキャッシングがご利用いただけない状態になっている
推定500万人が借りたいが借りられなくなった。
結果闇金に手を出す主婦が増えた。

時代とキャッシングの変化

  • 80年代はサラキン
  • 90年代以降は、消費者金融
  • 年収の1/3以下 金利は20%以下に抑えられたことで借りられない人が増える

    ソフト闇金の普及

    主婦相手の場合は相手を不安にさせない
    ソフト闇金
    「金利だけでいいですよ」てきな貸方をする

    夫との会話が少ない主婦が良いターゲット相手

    取り立ての恐怖

    知らないうちは
    「家族に知らせるぞ」から始まり
    「子供さんどこの小学校ですよね」という脅し
    借入から取り立てのパターン
    電話帳の金融会社に電話をかける⇒つながらない⇒闇金から電話が掛かってくる
    登録賃金業者情報検索で検索すると登録番号が登録されていない⇒ダミー広告だった。
    2か月で利子が81万円以上にもなる⇒嫌がらせが始まる

    取り立ての末路は

    犯罪にまでそめさせるケースも
    離婚したようにして生活保護の需給をさせる
    保険金詐欺などクレジットカードを使った違法なことまで

    借入申込書で家族構成を書かせてそこの情報で取り立てる。

    ▼極限交渉の任意整理!

    高い技術と知識、多くの経験と実績で借金問題だけに特化した、
    債務整理専門の法務事務所。

    ▼借金問題に専門特化!

    キャッシング