消費者金融は以前はサラ金と呼ばれていた業態の解禁業者のこと。
根本的に「融資」は銀行が行うのが一般的ですが、サラリーマンなどのちょっとした出費があるときに使える用途として拡大してきた業態。
金利が高くグレー金利ゾーンの問題などが起き
現在では急消費者金融は銀行系に吸収されている。

プロミス

消費者金融プロミスというと黄色い看板に黒字の文字でで有名な会社だ。
しかしながら2000年には入って武富士やアコムといった消費者金融大手に並び拡大したプロミスですが
現在では三井住友銀行グループになっている。(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループに属している。

武富士

消費者金融の一サービス名である。
1990年代ごろから、消費者金融としてトップになるまで至ったサービスでテレビCMなどを精力的に行っていた。
過払い請求の増加後資金繰り悪化で会社更生法の手続きに入る。
上場廃止や買収があったりしたが法人として消滅。
しかしながら今なおその影は謎のまま。

消費者金融の罠

最初に数万円~10万円程度融資がうけられる
その後返済に支障がない場合には
融資枠が拡大する。⇒借りれる金額が大きくなる。
借り手は返すサイクルに落ちる
他社でも借り入れするようになる
⇒借金地獄のスパイラル

消費者金融プロミスは利用価値があるのか?

30日間無利息で利用可能ということを強みに新規契約者を募っているようですが、金利が高いという面も存在しています。
カードローンの上限金利が15%程度が平均値。

プロミスの特徴

  • キャッシング
  • 消費者金融
  • 借入
  • カードローン
  • プロミスの金利

  • フリーキャッシングプランだと 借入利率4.5%~17.8%(実質年率) この場合最大で10万円の借り入れで1500円程度利息が付きます。
  • カードローンの上限金利が15%
  • 契約時の利率にもよりますが最大年率で18%ということを頭にいれて置く必要があります。

    プロミスに対する掲示板の噂

    掲示板だけでなくプロミスに関連する噂は色々と多い。
    大抵の場合アコムやレイクと比較される事が多いキャッシングサービスだ。

    プロミス 返済

    SMBCになってから、携帯電話に電話がうっとうしいくらい来るという噂も耐えない。

    プロミス 審査

    審査の結果によっては、借り入れと年収によっては、無人契約機でおまとめの手続きも可能とのこと。
    審査通りやすいのはプロミスという書き込みも見受けられる。

    プロミス CM動画


    動画

    かつては実年率25.55%という金利で経営されていたサービス。
    金貸し業も人材派遣業も不動産業も日本では、本当ろくでもない業界に思う。

    SMBCコンシューマーファイナンス:wikipedia

    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(英: SMBC Consumer Finance Co., Ltd.)は、日本の消費者金融業者。
    三井住友フィナンシャルグループの完全子会社。サービスブランドは旧社名である「プロミス」。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/SMBCコンシューマーファイナンス

    SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、日本の消費者金融業者。
    公式サイトURL:http://cyber.promise.co.jp/

    http://cyber.promise.co.jp/Pcmain
    http://cyber.promise.co.jp/Pcmain

    提携してくれないので全力で***リます。
    あの国民的大人気漫画と三井住友VISAカードがタッグを組んだ!【ワンピースVISAカード】(クレジットカード)

    三井住友銀行の預け入れ(入金の)の手数料と時間が変更+三井住友はファミマでのATM利用をやめるとのこと