無化調とは、科学調味料(うま味調味料)を使わない料理の事。
現在の料理ではありとあらゆるもので化学調味料が使われている。
ラーメンなどでも多く利用されている。
これをあえて化学調味料を使わずに厳選した素材で
天然の味だけで調理することを指す。

スポンサード リンク

無化調のラーメン

巣鴨駅のJapanese Soba Noodles 蔦

曳舟駅(スカイツリー隣駅)すずめ食堂などは無科調だ。

他にも色々とあるらしい。
ただ公式サイトがないと食べログやラーメンデータベースの情報依存になるため判断は難しい。

無化調と言っても実際にどの程度素材を厳選しているかについても
決まりやルールもない為根拠となる明確なものは無い

無化調否定派

化学調味料使ってでも強い味を好む人が一定数居る。
不味くて高いラーメンなら安くてもそこそこの味で大量に食べたいという層が居るからだ。
無化調だからといって必ずしも旨いということとイコールではないところが課題。

化学調味料

化学調味料は簡単にそれなりの味が出てしまうため出汁を手間暇かけて取るよりも「楽」であることからラーメンでも多用されている。
煮干しなどを大量に使う出汁とりよりも原料と廃棄の金額を考えるとコストの削減にもつながる。
WHOか何かが化学調味料の健康へ被害はないと発表していたりしますが
舌への影響度は未知数に思える。
科学調味料と味覚について

無化調か否か

多分ラーメン食べに行くときに無化調か否かで選んでいる人の方が少ないと思う。
私的には糖質量(炭水化物量)としての麺の量の方が気になる。
食べすぎ抑えたり、糖質摂取を抑えているときにラーメン毎日食べたりするので麺なしラーメンは興味深かったけど化学調味料はあまり気にしたことが無い。
むしろ無化調かどうかは分からないし公式に発表している店舗の方が少ない為判断基準として分かりにくいことがあるだろう。
結局ラーメンの立ち位置が定食のように毎日食べるものというよりも週に1回たべるかいなかという食事である以上あまり無化調かどうかというのはシビアになる必要はない気がする。
子育てとかしている母親ならまだしもあまり過敏に反応するラオタはいないと思う。

文字「無化調のラーメンについて」