国民職として名高い知名度の料理カレーライス。
固形状に固めたルーを購入して各種野菜と煮込んで作る自宅カレーも調理は容易なのでスタンダートな調理方法だ。
外食でもファミレスやカレー専門店にcoco壱のようなFC(フランチャイズ)店まで多種多様にあり、色んな場所で食べる事が可能な料理だ。

基本カレー自体が調理が簡単であり再加熱するだけで美味しく食べる事が可能な事から小さな規模のお店でも比較的カレーを取り扱っている飲食店は多い。

スポンサード リンク

カレーを作る

自宅でカレーを作りたいという考えと
外食でカレーを食べたいという動機は異なるものがあります。

自炊派の人でもたまに外でカレーを食べるのも新たな発見や味の違いで新鮮さを発見することが出来ます。

カレーが好きだと毎日カレー料理でも飽きない位にカレーは奥が深い食べ物です。

カレーの工夫

スパイスは、ターメリック・唐辛子他実に様々なものが主流

果実を使った酸味
代表格の『トマト』のリコピン等はうま味成分以外にも美容効果も期待できる
水煮缶を使えば急ごしらえのカレーにも使える

かつお節などを採用する手も

  • アレンジ
    カレールーにライスという組み合わせだけでなく
    炒めてドライカレーにする方法も
  • レトルトカレー

    グリコカレー職人中辛 100円ローソンで購入他にも代表的な食べ方としてインスタントで作れるレトルトカレーだろう。これは電子レンジか、湯せんで暖めるだけでご飯にかけて食べれるのでバリエーションは幅広く利用可能だ。
    コンビニエンスストアのインスタントカレーの価格も最近では100円を下回るものも普通に販売されている。味もなかなか美味しいものでお徳だ。
    一人暮らしで最も空きが来なく安い食材というとレトルトカレーに勝るものは無い。
    味や付け合わせのトッピングさえ変えたら、毎日食べていても飽きないことが強みだろう。
    即席のうどんや牛丼もそれなりの価格で選択肢は在る。しかしそれらでは到底なしえない飽きのこなさという点ではどうしてもカレーの価格と味は最強だと思う。

    カレーの食器

    Basic Standard パスタプレート23.5 4pcsセット T-703946

  • メーカー: 玉樹
  • 素材・材質:陶器
  • 容量:800ml
  • 私的にカレーの器というとこのような
    やや楕円型の食器を連想してしまいます。
    どうも普通の食器に盛っても悪くは無いのですが、気分が異なる気がしてなりません。

    BASICと上質のおいしい関係
    定番に揃えておきたい器を4枚セットにした「ベーシックスタンダード」
    シンプルというだけでなく、きちんとつくられているものは使い心地がよく飽きが来ない

    長く、ずっと使いたくなる程良い上質感

    Basic Standard パスタプレート23.5 4pcsセット T-703946

    /blockquote>
    この製品が耐熱容器なのか?
    電子レンジで何分程度まで使用可能かが分からない所が難点ではある。
    電子レンジで再加熱する用途で用いる場合、肉や油分などがある食材だと耐熱皿でないと割れたりする危険性があるのだ。
    ただデザインと価格で考えると一度は欲しい製品である。

    カレーライスの具と調理方法

    最近ではルーを用いた鍋で煮込むカレーは消費量が減ってきている。理由は1人世帯が増えたことと高齢化社会であることから箱入りのカレールーを購入して自宅で作る手間も消費も少なくなってきているからだ。
    しかし一人暮らし向けでも電子レンジで調理できるカレー容器も販売されているので、興味があればそれらを利用するのも手かも知れない。
    人参、玉ねぎ、肉を薄めにスライスして冷凍しておけば、
    カレールーを入れて電子レンジで数十分加熱するだけで、それなりのカレーが、いつでも食べられる。
    具の工夫と冷凍保存をきちんと考えておけば応用が利く。

    イシガキ産業 レンジdeカリー 大 2人前 スプーン付き レッド 3529

    イシガキ産業 レンジdeカリー 大 2人前 スプーン付き レッド 3529


    特殊な材料配合により電子レンジの電子レンジのマイクロ波を吸収して熱を発生させます
    器から包み込むような加熱で、カレールウなどの粘性のある食材でも突沸が起きにくく安全に調理できます 
    ■ 仕様 
    サイズ:幅16.5×奥行24×高さ8.5cm 
    重量:0.54kg 
    材質:本体/耐熱陶器、発熱体/内面吹付

  • メーカー: イシガキ産業
  • イシガキ産業 レンジdeカリー 大 2人前 スプーン付き レッド 3529

    レトルトカレーの保存料や添加物が気になる人には、適したアイテムに思います。
    レトルトカレーの危険性|料理

  • カレーの保存方法
  • レストランの味をご家庭で

    【dデリバリー】は全国約10,000店から選べる、「出前・宅配サービス」のサイトです。 人気チェーンの宅配ピザや寿司・カレー・中華・弁当・ファミレスメニューや本格ハンバーガーなどまで!?

    基本的に使われている材料は、

  • カレールー(ターメリックなど各種スパイス)
  • 肉(牛・豚・鶏)
  • 人参
  • ジャガイモ
  • 玉ねぎ
  • 基本的にはこれらの材料で、ルーがあればカレーとして様々な料理でも応用加工がなされている。(カレーうどん・カレーまん等)

    レストランの味をご家庭で

    【dデリバリー】は全国約10,000店から選べる、「出前・宅配サービス」のサイトです。 人気チェーンの宅配ピザや寿司・カレー・中華・弁当・ファミレスメニューや本格ハンバーガーなどまで!?

    週3回でもOKな「カレー好き県」はどこ?

    栄えある1位に輝いたのは茨城で3.1回、そして僅差で三重、鳥取と続いている。なお鳥取は、鳥取市が1世帯あたりのカレールウ年間支出額および購入量が、全国トップクラスというデータがある(出典:総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング/平成24年(2012年)~26年(2014年)平均」)。
    http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151130-00010004-biz_dime-nb&ref=rank

    1. 茨城県
    2. 三重県
    3. 鳥取県
    4. カレー好きの県は以上になっている。

    • 家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング(平成24年(2012年)~26年(2014年)平均) http://www.stat.go.jp/data/kakei/5.htm
    • どうして日本人はカレーが好きなのか 普及の歴史と真のカレー県をプロに聞いた!
      http://www.athome.co.jp/vox/town/53349/?page=2#nextpage

    飲食店における『客単価』と手間の差 「ラーメン屋とカレー屋で比較する」場合

    カレーとラーメン

    上記の二品は限定のメニューでしたが、他の店舗でもちらほらカレーとラーメンの組み合わせが見られることから、カレーの幅広さがうかがえる。
    カレー専門店や
    外食でカレーを食べる時って意外とメニューの価格が高めなのが難点だ。
    もしカレーラーメンが、特定のラーメン店のメニューとして定着すると、
    カレー屋やうどん屋の客を奪うことができなくも無い予感がする。
    ラーメン屋でカレーメニューを用意するのは、もしかすると有りな選択肢なのかも知れない。
    その後カレー屋でつけめん食べたら不味かった。
    麺屋で麺は食った方が外れがない。

    カップラーメンとカレー

    サッポロ一番カレーラーメン(カップラーメン)
    日清カップヌードル欧風チーズカレー【カップラーメン】
    カップヌードルなどカレーとカップラーメンは昔からあるメニューですが、
    最近では凝った品も販売されている。
    銀座デリー監修 カシミール カレーラーメン|明星
    ただしカップ麺だと麺のクオリティーが弱いのでどうしても残念な食品を抜きんでない感じは残る。
    カップ麺に限っては、日清のカレーヌードルが鉄板だろう。

    飲食店とカレー

    カレーという料理を取り扱う飲食店は実に多い点が引っかかる。

    • カレー専門店
    • フランチャイズ展開しているカレー店
    • 以外にも

    • 牛丼チェーン店がカレーを出して居たり
    • そば屋などでもカレーが販売されていたりするため
    • インド料理店でもナンとカレーは当然販売しているところが普通にある。
    • カレーの競合は多い食品だ。

    吉野家の黒カレー
    吉野家の黒カレー(並)を食べてみた

    外食だけでなく中食としてのコンビニにでもカレーライス類は弁当として販売されています。
    即席めんのカレーヌードルやカレーパン・カレーマンなどの存在も考えると『カレー』が結構な規模で消費されていることは容易に想像できます。
    「カレー」の消費量が多いことは分かるのですが、ここまで一つの料理に様々な飲食店が取り組んでいるメニューというのはなかなかないと感じる。
    調理のしやすさ・提供の楽な手間などから取り入れやすいメニューだとしても
    カレーがメインではない店舗ではあまり食べようという気には駆り立てられない。
    飲食店における『客単価』と手間の差 「ラーメン屋とカレー屋で比較する」場合