日清からしマヨネーズ焼そば からしマヨネーズのコクと香りというカップ焼きそばを食べてみた。
インスタントカップ麺日清からしマヨネーズ焼そば-からしマヨネーズのコクと香り
このカップ焼きそば意外と長い期間見かけた製品である。(既に定番感?)

スポンサード リンク

中を明けた感想

うわっ粉末ソースとからしマヨネーズしかはいっていない。
かやくは麺と一緒に入っている。
麺は普通の白っぽい色の麺である。
キャベツの量もかなり少ない。
からしマヨネーズはあけてみると普通の白に若干黄色身が、かかったポピュラーなマヨネーズの色だ。けっしてからしからし然とした物では無い。

お湯をいれて3分で水をきる。
日清からしマヨネーズ焼そば-からしマヨネーズのコクと香り

からしマヨネーズ焼そばの調理開始

そして粉末ソースを入れるのですが、これまた麺とうまく混ざりにくい。
混ぜ混ぜするものの全体に行き渡らすのが難しいどころかところどころ玉になってしまうのでなんとか混ぜてからからしマヨネーズ投入。

からしマヨネーズ焼そばを食べてみて思った

たべてみるとソースの絡み具合や、ソース焼きそばとのマッチした感じは、味はいたっておいしい。
からしマヨネーズも普通にからしまよねーずだ。マヨネーズと焼きそばを食いたいと思った人には打って付けなカップ焼きそばだと思う。
ただアクセントになるものが、からしマヨネーズしかないので、紅しょうがや、揚玉、豚肉、キャベツの量、ふりかけなどの強みやボリュームが欲しい人は、この焼きそばで無理だろう。

このカップ焼きそばでは、からしマヨネーズが主役なのだから。

ただしからしが苦手な人はむせるので食べるときは注意が必要。お子様に食べさせるとちょっと危険な気もします。
麺が粉末ソースのみで、液体ソースはないので若干味にあきてくる感じは否めない。マヨラーな人にはよいのかも知れませんが、普通に食べるすこしかわったソース焼きそばといった感覚。

☆☆☆
七味などのオプションがあれば良い気もするのですが、それはまた別の話ということで。

お勧め記事