イーバンク銀行の改悪は楽天傘下になったためですが、マネーカードが使えなくなったり、同行間の振込み手数料ですら有料になってしまい、継続使用なら年会費1000円支払わないといけなくなったりと、メリットは90%くらい削られてしまったイーバンク銀行ですが、それでもまだ使い道は結構あるのでなかなか解約まで行く人は少ないのではないかと思います。
ただ預け入れ金額が一定額以上だとメリットを受けられたりと、資金的に潤沢な人は恩恵はそのまま受け取れるという仕組みの楽天イーバンクです・・・

スポンサード リンク

楽天銀行(旧イーバンク銀行)のメリット

楽天銀行

    イーバンク銀行の長所としては、

  • メール送金などがあります。
  • 相手の名前とメールアドレスがわかっていたら、その2点で送金できるというシステムなのですが、口座情報などを教えなくても振込みが可能なので便利です。振り込み手数料は160円なので利編成は高いです。

  • 振込み手数料も比較的安いです。
    他の都市銀行のオンラインバンクの半値くらいで振込みが可能です。
  • サービス豊富:
    外貨預金 FX 定期預金 投資信託と、ネットバンクらしからぬサービスの豊富さと後は各種インターネットのコンテンツの支払いに使いやすいのもメリットです

私としては、東京都民銀行の楽天支店口座がなくなったりと、楽天のすることがいまいち良く解らないので、いまいち理解に苦しむのですが、単純にネットでは金融サービスが一番金のなるコンテンツということで取組んでいる事業なのではと思ったりもします。今のところ楽天証券とのサービスでのメリットは特に無いので今後なんかできたりするのかな~とは期待したいところではあります。

楽天銀行はネットバンクとしては利便性が高い

現状であれば、サービスの広さ、でもネットバンク1位のコンテンツ内容だと思いますし
提携サービスもかなり多いこともメリットの一つです。
似たような銀行サービスはジャパンネット銀行だったのですが、
これらは年月がたつにつれて、イーバンクがかなり優勢になったことは否めません。ジャパンネット銀行にもがんばって欲しいものです。

楽天銀行の申し込みなら

楽天銀行
楽天銀行の申し込みならこちらからどうぞ
楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

楽天銀行:旧イーバンクの問い合わせ電話窓口

楽天銀行が窓口が分からなくなっていたのでURLをメモして置きます。
個人口座用
http://www.ebank.co.jp/kojin/contact/inquiry/index.html

楽天銀行キャンペーン一覧

http://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/index.html

その他の銀行系サービスで比較するのであれば、
ATMの利用頻度が高い人ならば、新生銀行がコンビニでも預け入れ引き出しが手数料無料で利用できるのでメリットが大きいです。(デメリットとして他行への振込み手数料は高い)
他にもソニー銀行などネット専業の銀行サービスは多いのでメガバンク以外にもネット口座は保有していたほうが何かと銀行の振込みなどで恩恵は多く存在しています。