PayPal(ペイパル)という決済サービスがある。

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/home
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/home

これは海外などの口座への送金も格安で可能だったり、ショッピングカートをHP(ホームページ)に掲載したりして利用するのも
お得に利用できたりショッピングカートで毎月課金サービスなどの利用もお得に利用できるので
はずすことができないサービスです。

スポンサード リンク

手数料

アカウントの開設 無料
オンライン支払い 無料

残高引出し 50,000 JPY以上は無料
49,999 JPY以下は250 JPY(日本国内の銀行口座宛)
その他の引出し方法の手数料

資金の受取り 2.9% + 40 JPY~3.6% + 40 JPY

https://www.paypal.com/jp/cgi-bin/?cmd=_display-fees-outside
他の、月額課金などのサービス手数料はまた改めて調べますのでお待ちください。

最近

PayPal(ペイパル)が普及すれば、送金サービスなどでは銀行と比較すると、目じゃないくらいかなり便利なサービスなのですが海外では普及しているのですが日本においては、海外への不正送金を危惧した金融庁のせいで、PayPal(ペイパル)自体が普及しにくいことが足かせになっているようです(なんか金融の法律でetc悶着があった)。
現にFacebookのソーシャルサービスなどの利用はPayPal(ペイパル)で行うことが当然に採用されています。今後インターネットの課金サービスさまざまなコンテンツで国際化していけばPayPal(ペイパル)の利用シーンは増えていくと思います。
現時点では日本国内の企業で決済サービスでPayPal(ペイパル)を第一で使っているというシーンは見かけないのですが、ショッピングカートの手数料よりははるかにメリットが高いので利用シーンとしては今後拡大していくと思います。