クレジットカード決済とは利用者のクレジットカードを利用して商品代金を決済する方法です。

利用者はカードの番号と一部情報を入力するだけで決済が完了するためネットでの決済に多く採用されて広がっています。

スポンサード リンク

クレジットカードの決済代行サービス。

クレジットカード決済を採用するには様々な壁があります。ネットショップに変わってクレジットカードを用いた決済サービスを行うサービスを提供しているのが決済代行サービスです。

クレジットカードの決済代行サービスを登用するには、導入費用と手数料などコストが掛かりますが、クレジット決済はスムーズなネットショッピングが利用可能なため、多くのECサイトで利用されてきています。

クレジットカード決済代行サービスの導入費用は、初期導入の費用と月額利用料、手数料、売り上げ処理金 といった課金項目があるらしいですが、これらはサービス会社によっても異なってきます。中には初期費用や月額利用料がかからず安価に導入できるクレジットカード決済代行サービスも増えてきている為、どのくらいコストが掛かるかは見極めて検討後導入したほうが良いでしょう。

海外で有名なものというと、Paypalを用いた決済などが導入費用などが一切掛からず、売り上げ毎の手数料のみなので楽に導入できるので利便性が高いです。

メリットとデメリット

利用者側が、クレジットカード決済では簡単に決済が可能なことは先にお伝えしましたが、ネットショップを運営する側も、代金が回収できないといったトラブルが起きないため、安心して利用ができる決済サービスです。
しかしクレジットカード会社と直接契約することは相当困難である為、どうしても決済代行サービスを用いるしかないのが現状です。