credit-card-trouble少額の詐欺というよりは、クレジットカードの不正利用による窃盗のことですね。MSNの記事にあったのですが、最近はウィルスソフトの大きい問題が出ていない為に意外とセキュリュティー対策していない人が多いのではと思ってしまう。若年層でもセキュリティーソフトインストールしていない無知な人が意外と多い+スパイウェアの存在も知らない人が実に多くて裸でインターネットを閲覧しているような人が、チラホラ存在する。

スポンサード リンク

利用明細書をチェックしてますか? クレジットカードによる少額の詐欺被害が深刻化

2012.8.20 13:59

クレジットカードによる少額の詐欺被害が深刻化している
 もしかしたらあなたも…。クレジットカードで1回数千~数万円程度の商品が知らない間に購入されている「小口詐欺」の被害が広がっている。かつては、スキミングなどで盗んだ情報でカードを偽造し、一度に大量購入する手口が主流だったが、新しい手口ではカードの所有者が気付かない程度の金額に抑えているのが特徴だ。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120820/waf12082014030012-n1.htm
もしもこういう小額の引き落としが何百アカウントも行われたらクレジットカード会社は一体どうするんだうか」とこれは以前思いついたのですが、悪徳な搾取方法だ、クレジットカードって、もし悪用する犯罪集団が居たら狙われるのでは無いか?と思っていた。

これは普段毎月に「光熱費」とか「生活費」等の大半をクレジットカード支払いで登録している人であれば気付きにくい手法だろう。

どの位の頻度なのか?

国民生活センターに寄せられたカード不正使用の相談でも、支払額が5万円以下の件数が全体に占める割合は、平成14年度の約2割から昨年度は約4割と倍増しているという。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120820/waf12082014030012-n1.htm
5万円以下といわれても、5万円ならでかい買い物だし、逆に1万円程度だったら気付きにくいケースは多いのではないのだろうか?今は個人上を抜くような、某*ポイントカードなどが、叩かれていたりしましたが、悪用する側にしてみれば、クラッキングなど面倒な事をしなくても、意外と用意に入手可能なのかもしれない。
どちらにしても、クレジットカードで毎月一定額よりも多く利用している人は、極力利用明細は確認すべきだと思うのでした。

あとウィルス対策ソフトはしっかりと、入れておくこと+スパイゥェア対策もしっかりとすることが求められる。