クレジットカード(Credit card)は、商品を購入する際の決済する為の手段の一つです。

他の決済方法では通常では硬貨や紙幣が一般的で国によって異なります。
現金と、クレジットカードのほかにも決済手段だけで考えると色々とあります。

スポンサード リンク

銀行振り込み

銀行振り込みは、口座に預金がある状況で、振込み手続きをすることで支払いを終えることができる決済方法。これの最大のデメリットは振り込み手数料金です。数万円台であれば、200円~315円程度で済みますが、10万円台 20万円台 100万円代となると、手数料が増えるどころか、振込み上限額の設定などによっては支払いができないというケースも置きえます。
これらの点から考えると、銀行振り込みよりもクレジットカード支払いの方がお得だったりします。

他の決済手段

  1. 電子マネー
  2. 最近では電子マネーなども普及しており、日本では携帯電話などが一般的に電子決済するツールとして用いられることが多いです。
    インターネット上においては電子マネーは、あらかじめ、コンビニなどで、電子マネーを購入しておいて、web上で、特定の番号を入力することで、電子マネーとして利用できるものが多いです。
    銀行振り込みなどに対応して電子マネーを購入できるものもありますが、やはり、電子マネーの購入でもクレジットカードで決済したほうが早く済むというケースがほとんどです。

  3. ポイント
  4. ネット上で貯めたり、使えたり、残高の確認ができるポイント。インターネット上で、ポイントが換金できるサービスなどもあります。商品を購入して溜まるポイントであったり、インターネット上で特定のことをすることで、貯めることが可能なポイントがあったりします。
    このポイントで商品の購入ができたり、サービスによっては現金などに換金することも可能なものも有りますので、実に電子マネーに次ぐ決済手段になりえるサービスの気がします。

  5. 仮想通貨(ネットマネー)
  6. 2010年以降から、BITCOINを中心としたネットにのみ存在する通貨が盛んになってきました。先進国の通貨はある程度の信用がありますが、スイスフランの暴落のようにいつ傾くか分からない外貨よりも、どうしても国際事情に捕らわれない通貨を望む事例もあります。
    2014年のロシアの同行から考えても、
    2011年の日本の原発事故に、2012年から激化する中国の日本への尖閣諸島問題などでの侵略行為にも取れる不安材料などから日本円ですら信頼が傾く要素はあります。
    このため国に依存しない通貨の期待は今後も需要は高まる可能性があります。
    もそ仮想通貨が一般的な市場マネーになるようなことがあると国家はどうやって税金を徴収するのか今から考えても今後の世界のありようが変わる可能性を秘めています。