楽天市場で出店店舗が軒並み「楽天銀行 楽天市場支店」に限定されたことによる問題が2014年11月19日あたりから問題がネットで騒ぎ始めた。
Rakuten Bank Rakuten Branch Problem
サウンドハウスが「楽天銀行 楽天市場支店」が勝手に口座を開設されたと怒って楽天市場から撤退するという記事が出ていますが、
たしかに19日の時点で「楽天銀行 楽天市場支店」に関連するツイートは見かけていたし軒並みどのショップも「楽天銀行 楽天市場支店」になっている様子。
このことは何が問題があるのか?

スポンサード リンク

 楽天市場では従来、代金の決済に銀行振込を使う場合、店舗が振込先銀行を自由に設定できたが、11月13日からは、楽天銀行に一本化。出店店舗専用の支店「楽天市場支店」を設け、店舗ごとに口座番号を付与した。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/19/news146.html

楽天の広報担当者によると、狙いは「偽の店舗サイトを使った詐欺を防ぐため」。偽の店舗サイトを使った詐欺では、振込先に銀行口座が指定されることが多いという。楽天市場の銀行決済の振込先を「楽天銀行 楽天市場支店」に限定することで、購入者が正規の店舗の口座だと確認しやすくし、楽天側でもお金の流れを把握しやすくする。楽天銀行に振り込まれた売上金は、店舗が持つ他行の口座に振り込むこともできるという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/19/news146.html

ひとまずコレ 模倣ブランドサイトなので代金振り込んで居る人は
個人名義口座に振り込んでいるので
「楽天銀行 楽天市場支店」に限定したところで何の解決にもならない。
もしろ楽天市場が目先の利益を囲おうとしていることでしかないのだが。
他にも類似記事は各サイトが報じている。

  • 楽天市場が銀行振込の振込先を楽天銀行に限定。猛反発のサウンドハウスは撤退を宣言
    http://japanese.engadget.com/2014/11/19/a/
  • 他に反発した意見は楽天市場サイドは特に反発は無いとのことだが、どうも腑に落ちない。
    楽天銀行は振込み手数料などは確かに安いが、法人の口座として使うには通帳が無いので不便だったりする。

    法人の口座をグループ企業で一気に開設刷るように仕向けるとか、独占禁止法に触れそうな気がするのだが一先ず今後どういう結果になるのかがきになるでした。万一撤退した店舗が訴訟を起こしたりしたら面白い事例だとは思うのですが日本の民事訴訟事例だとなかなか裁判までは期待できないか。
    どちらにしても楽天市場の運営がわの印象だけは最悪に思える事件だ。
    イーバンク時代の時よりも楽天銀行になったことで使いにくさは強いままなのに、今更出店店舗の口座を楽天銀行に一本化したことは楽天銀行の業績に疑問符をもってしまいたくなる出来事であり今後が気になる。

    楽天銀行(旧イーバンク銀行)のサービス詳細と紹介