イメージ図
朝日新聞のWEB記事で
女子制服、ズボン選べる学校当たり前にした校長という記事が少し違和感が拭えない。

女子制服、ズボン選べる学校 「当たり前」見直した校長

 私たちの予想を超えて、アンケートに集まった声があります。生まれた時の体の性別とは違う生き方をするトランスジェンダーからの、制服への切実な抵抗感、そうした人たちへの配慮を求める声、そもそも男女で制服を分けることへの疑問です。そこで性的少数者を取材してきた記者が今回、この視点からみなさんと制服を考えます。

ズボン

スラックスを起用している学校は有る
中にはスラックス容易しても女子高校生自体がスカートじゃないと嫌だと
自分たちのブランドを認識してかのようにスラックスは利用しないで廃止になったかのようなツイートも過去に貰ったことがある。
(どのくらい前だったかは忘れた)
どちらにしても普通に女子高生くらいの輩が上下スウェット姿で夜中の街中を自転車で闊歩していたりする世の中なので、
女性の服装どうこうは、割とどうでもいいかなと思う。
制服がスカートでも中にショートパンツ履けば問題ないだろうに。
やつらはスカートが武器であることを十分に理解していると言える。
問題があるとしたら男性側だろう。

男子には?

女子は制服容易すれば良いだろう
しかし男子は頭髪の規制や服装の規制で女子よりもキツイと言わざるを得ない。
一層男子にもスカートを履いても良いくらいの改革が行われないと、
日本でジェンダーフリーは起きないと思う。

該当の記事でも触れられているがスカートをズボンにしても詰襟は拒否するというようなパターンは、大抵文化的な側面が強いとは思うのですが
セーラー服だってそもそも水兵服じゃないかーと突っ込みたかったり。