最近のライター事情は非常に使いにくい。2000年代に入ってからというもの100円ライターを使った子供による火事が相次いだことから100円ライターは特定の火がつけにくい措置が取られていないものは販売禁止になった。

ライターの危険性

100円ライターの写真
100円ライターの写真

ライターは落とすことが多く最近でも地面に落ちているライターを見かけることは度々ある。
この手のは車が踏んだら危険なのでは?と思う事が多々ある。
当然子供が拾う危険性もあるわけで火事を防止するためにライターを幼児や小学生が火をつけにくくすることは理解できる。

使いにくくなった100円ライター

昨今販売されている100円ライターはとても使いにくい。
なんと言っても最近のライターはつけ方がわからないと火を点火できない
単純にスイッチが重いものの他、スライド式だとか2段階式だとか様々だ。これは実に1度で点火できないと火を付けるのは大人でも腹がたつ。
逆にzipoのような回転式の着火タイプは禁止されていない。
zipoだとオイルが乾燥しやすいため、使用できる日数も限定されるしオイルを補充しないと子供には使い方がわからないことが多いのだろう。

勘違い嫌煙家

最近路上喫煙やMcDonald’sですら全面禁煙をとったりで、非常に愛煙家は日本でも過ごしにくい日が続いている。私も変な老人に絡まれたことがある(その他色々の嫌煙家の攻撃性は酷いものがある)。
今後も喫煙家への風当たりは、加速するとは思うが、ちょっと差別てきな事が多すぎる。

たまに見かけるwebの書き込みで勘違いしている人が存在する。
喫煙可のラーメン店でタバコを数ことに文句を言う輩がいる。
私もラーメン店でタバコを吸っていたら変な目で見られたことがある。
分煙だとか禁煙の場所で吸うならまだ否定されることは理解できるが、喫煙可能な店舗でタバコを吸うなという嫌煙かは、差別思想でしかない。
この手の勘違いバカは意外と多い。
喫煙可の店舗や場所に子供を連れて行くことの方が悪いのだ。
居酒屋や、パチンコ屋に子連れでいったりして、喫煙するな!というのはその嫌煙家が如何に非常識なのかは理解できるだろう?
喫煙可能なスペースでタバコを吸うなというバカは本当滅んでほしいものだ。
喫煙可能なスペースでタバコを吸うなと主張する人は、女性専用車両に乗る男性も多分こういう思考の人なんだろうと思う。(その場の、決まりよりも自分の都合を有線する考え方だ。)

特定の匂いが臭すぎるタバコが有ることは知っているが、普通はタバコ叩くのは無理だろう。

注目記事⇒海外FXを利用するという『自動売買』の商材が残念すぎた

zippo(ジッポ)


I/51djj7ZhHfL._SL500_.jpg” alt=”ZIPPO (ジッポー) ライター クロームサテーナ 200.YS” align=”right” border=”0″ />

ZIPPO (ジッポー) ライター クロームサテーナ 200.YS

  • メーカー: ZIPPO(ジッポー)
  • 発行日:2008-11-27
  • ZIPPO (ジッポー) ライター クロームサテーナ 200.YS

    zippo(ジッポ)の定番オイル

    バーベキューなどでも役に立つアイテム。

    I/21mFChREHKL._SL500_.jpg” alt=”ZIPPO(ジッポー) Zippo オイル缶 【大缶355ml】 [HTRC 3]” align=”right” border=”0″ />

    ZIPPO(ジッポー) Zippo オイル缶 【大缶355ml】 [HTRC 3]

  • メーカー: ZIPPO(ジッポー)
  • ZIPPO(ジッポー) Zippo オイル缶 【大缶355ml】 [HTRC 3]