漫画の制作費が、1ページで1万円は安すぎだろうーと思った話。
この内容は、WEBで見かける漫画的なコンテンツ相場は知らない。むしろデザインの相場も聞いた程度でしか感覚としては知らない素人目線なパンダの想像込みで綴られています。

動画、イラスト、漫画、コンテンツ等でサイトの情報量を豊かにするのは今後色んな方向で発展する路線なのでしょうが、コンテンツ製作は労力が半端なくかかる話です。

スポンサード リンク

連載作家が、1P数千円の原稿料というのと、単発で1P1万円というのは、根本的に価値が違う。

プロで連載作品ならば単行本化などで
2次的な収入が見込めるだろうし、最終的な原稿からお金になるのは、その内容によるもので、純粋に原稿料がそのままその漫画家の実収入ということではない。
ということで紙媒体では無い話に移る。

問題に思ったのは漫画をwebで展開する場合

ビジネスとして、1枚のコンテンツとしてwebとかで依頼するケース。たとえばネーム(絵コンテ)まで出来上がっている段階で、絵だけ入れてというケースなら、質さえ重視しなければ1万円程度でもする人は探せばいるかもしれないだろうけど、
0から、打ち合わせや、ネーム作ったり、キャラクター的なこと打ち合わせして、
1P1万円だと到底割りに合わないだろうなと思った。

しかもこの金額で毎回それ以降も仕事をふられるとなると、
きっと「やる気」は下がっていくだろうなという危険性もある気がする。

作業量と金額

この金額でも製作するページ量がそこそこあるのであればまだいいのでしょうが、単純に、1回1Pだと、作業的なことが相当増えると思う。

一体1P何コマでどんな話を、どういう風に展開させていくのかボリュームにもよるのでしょうけど、
1P一万円単発で考えると、全体的な作業量と収入で考えたら挑戦する人は、物好きだなと思う話である。
こういうケースだと、2次的な使用も発生はしにくいだろうし、
書いたキャラクターの権利、や漫画自体の権利の関係も微妙な話では有る。

可能性としては、4コマ漫画で、1P一万円で、有る程度、キャラクター概念と、話が決まっていれば可能なんだとは1万円でも可能だとは、思うものの大抵そういうケースはないだろうし。

逆に海外のイラストは上手くて為替的に有利な国に、海外発注というパターンとかなら請負させることは可能だろうけど、それもそれで色々と苦労はある話だとも思うし。

twitterで反応があったので追記。

twitterの鳥の価格みたいに、
デザインと、ビジネスモデルとの兼ね合いで、報酬の相場が下がるのも痛い話しです。
他にもデザインとのネットでの依頼とか請負的な話だと報酬の低価格が議論されていたりはするものをたまに見かけるものの、
1P1万円は現実的には乖離した金額なのではと・・・思っただけの話でした。

twitter.com/kirikaP

kirikaP     @nufufu 書籍の制作予算にもよると思いますが、マンガじゃなくて雑誌原稿でページ1万ってのはよくありますし、もっと下ってのもありますよ(遠い目

henachokodoumei

henachokodoumei     @nufufu 1P10kなら「まあそんなもんじゃね?」と思ってましたが。

意外と安いようです・・・相場・・・orz
ただなんというか、単純に「報酬が下がることで、魅力の無い業種になること」が、かつてどこかの何かしらの記事で危惧されていたので、漫画というコンテンツが、webで生き残るにしても単純に労働コストを削っていったら、崩壊するのではと思ったのでした。
なんというか、たとえばアニメーターの制作に対する労働時間とか、作業量の割りに賃金はずーっと安いという問題とかと似てるように、漫画もwebで展開する際にビジネスにする点でこけたら、安い産業になりさがって魅力が下がって、荒廃しないことを望むのでありました。