ブログサイト買取系のサービスについて注意点を。

  • サイト買取や
  • ブログ買取
  • といった文言で調べるとすぐに分かるのですが、
    買い取られた後には、コンテンツはそのままでも、
    リンクの土台として使われている事例が多い。

それもR18なジャンルのリンクやリンク集の踏み台に扱われるため、
直接の収益化目的ではないにしても、
検索エンジンからの評価は、譲渡以前よりも下がると考えられる。

スポンサード リンク

メールフォームからブログ買い取らせてくださいという事例

数日前にも、ややおかしな日本語の「文章でサイトを買い取らせてくれ」というメールがあったのですが、
バカなのですか?としか思えない。
自分で撮影した写真や文章をどこの誰かも分からない人に譲渡させる人が居るわけなかろうが。
というよりも
人に売る気が有ると思われた時点でバカにされているとしか思えない。
どんだけ上から目線なんですか。
としか感じない。

収益化に釣り合わない買取価格

もしも月に1万円稼げているサイトであれぱ1年間で10万円は稼げるし、100年あれば100万円は積もるわけで、
1ヶ月に10万円稼げていたら、1年間で100万は稼げて10年では1000万円だ。

買取価格も安すぎ

ドメインだけの買取をムームーなどが行っていましたが、
あれに試してみたときは、PR4か5で、数百円という買取価格の査定だったためポカーンとしたことがある。
サイト買取なども結局の所は、
数千円・数万円の事例ばかりなので、
普通はあんな価格で譲渡はしないだろう。