Google検索の基準もといペナルティー(警告)で
「価値のない質の低いコンテンツ」というものが存在する。
これについて解説する。

Google の品質に関するガイドラインに違反という名目で
手動でペナルティーが与えられる。
結果として検索結果から大幅なダウンなどがみられる。
問題点を改善すれば、SearChconsoleから申請すれば取り消される。

スポンサード リンク

価値のない質の低いコンテンツ

Googleの公式の文言だと分かりにくいことが多い

Search Console ヘルプ:品質に関するガイドライン

https://support.google.com/webmasters/topic/6001971
これみてよし分かった、修繕しようとは為らない分かりにくさが有る。
一言で言うと
1ページ作成するのにかける努力は惜しみなく努力しろ
ということ。
数分でパパパと作れるページは必要ない。

  1. 無断複製されたコンテンツ
    コピーコンテンツ(無断複製されたコンテンツ)
    盗用した記事はダメ。
    ちょっと置き換えた程度でもNGである。
    ・オリジナル記事部分が少ないのもアウト
    ・引用しかない記事なども質が低い。
    コピペで作ったかのような記事では駄目である。
    ペナルティーに結び付かなくても、評価されることは殆どない。
    積もると警告で指摘される。
  2. 自動生成されたコンテンツ
    大量生産されたコンテンツ。
    類似性が、似通っている他ドメインの記事が多いというケース。
    独自性が薄い記事などを書くとこうなりやすい。
    機械翻訳したものを、手動でも、許可も無く作ることもNG
  3. テンプレート型のコンテンツ
    大量生産された記事と同類ですが、
    どのページでも似通った内容が多い場合など。
  4. 独自性が無い記事というのは、
    そのドメインにアクセスする魅力があるか無いか?
    これにつきる。
    他のドメインでも事足りる内容化がかかれているのであれば、
    そのドメインにアクセスする魅力が無いといえる。

  5. スパムの問題
    これもテンプレート型等と同様。
    他所のサイトで掲載されている内容と似通った情報しかないサイトページばかり
    独自の記事が少ない問題の場合に陥りやすい。(第三者が見た場合に人が作ったのか プログラムで書き出したのか判別がつかないような記事)
    雛形的になりがちなサイトのこと。
    食品のメニュー欄などの個別ページのように、他店のページ項目が似たり寄ったりになりやすい場合には、
    独自の店舗の特徴などを記載した方が良い事例。
    ※ランチタイムのサービスなど。
    個別の割引などの情報。
  6. アフィリエイト プログラム
    アフィリエイトページのこと
    ⇒これはアフィリエイトが主体になっているページの事。
    アフィリエイトタグが有る事は悪くない。
    ただしファーストビューに表示されたりアフィリエイトタグが主体になっていると品質が低いとされる。
    アフィリエイトリンクを削って、本文(メインコンテンツの拡張を図る事。)
  7. 誘導ページ
    他のページに移転させるだけのページを作らない事。
    一部のソーシャルメディアなどからトラッキングの為だけに作るっているような、リンクしかない程度のページなどコンテンツが乏しいページはそのページだけは、noindexの方が無難。
    例えば、相互リンクページだけとか、本文が殆どないページの事。
  8. キーワードの乱用
    これは不自然に詰め込み過ぎたりしている事例。
    例えば「林檎の」記事だからいってリンゴだとか、Appleという単語が沢山出てくるのはダメ。
    品種とか、人が読んでも不自然に感じない程度の単語の割合が必要。

価値の高いコンテンツを作る


価値の高いコンテンツを作る為には個性を出すのが無難。

    独自性を上げるためには以下の工夫が必要。

  • 自分しか書けないテキスト、
    (AさんBさんCさんが書いた場合とも異なる記事になる必要性。)
  • 自分で撮影した写真
  • グラフなどの図。
  • 自分で撮影した動画等

たまに記事数とか更新数を問題視するひとがいますが、
1ページの記事作成するのに何時間かかったのか?ということを考えればある程度見えてくる。

普通に文章考えて記事作成する。
写真撮影したり、加工したり、サイトにアップロードして記事に張り付ける。
これだけでも数分で終わる記事は、薄い。
何十分、数時間かけた記事の方が中身は濃くなるだろう。

スライドショー作ったり、
動画撮影して編集して音声つけたりまですると
1日がかりになる可能性もある。

ひとまず何十時間もかけて作った1ページ
低品質になったらムカつきますが
数分で作ったページなら仕方ないでしょう。

まぁ何時間かけて記載したページが、月に数百もPV稼げない事なんざざらですし。

ペナルティーは解りにくい

Google検索のペナルティーは、コンテンツでもらっても、実際には被リンクとかでもアウトなリンクがごっそりあったりすると、コンテンツのペナルティーが解除されても検索順位があがらないということもある。
他のアルゴリズムで機械的に引っかかっている場合も有るので、グレーな要素は徹底的にしらみつぶしに改善した方が良い。

アクセス数の定義と数よりも、UU数のが必要な理由。

ペナルティーが解けない場合
    Google検索からペナルティーが解けない場合には考えられる集客方法は、検索エンジン以外から主客するしかない。
    というよりも検索エンジン依存の現在のインターネットもアンバランスだよねと思うことしばし。

  1. PPC広告(Yahoo!広告や、Googleアドワーズ)
  2. ソーシャルメディア(出稿含む)
  3. Bingのシェアが伸びることを期待する。
  4. このいづれか。

日本語圏ではGoogle検索1強なのでGoogleに嫌われると検索エンジンからのトラフィックは5パーセント未満になるのでありました。