フランチャイズビジネスは年々様々な事業で増えているが
問題も多くなってきている。

フランチャイズというビジネスモデルに魅力を抱いて集まるのが、40代50代を中心に人気が高まっている。

フランチャイズに魅力を感じるポイント

  • 魅力は定年がない働き方の方が良いのではという考え方
  • 年齢で経験は多い為事業に興味を持ち何かできればと挑む
  • 背景には、フランチャイズ市場は2014年度には24兆円にも拡大している

    フランチャイズの優位性

    ゼロからビジネスを作る起業よりも
    既に成功しているビジネスもでるがある事。
    本部と契約することで自分が独立したときに成功する確率を高めることができる選択をする人が多いフランチャイズというビジネスモデル

    トラブルも起きている

    一方でトラブルも

      パソコン教室のフランチャイズで

    • 年収1000万円取得可能
    • 閉鎖した店舗は0店と
    • 謡われていた
      加盟金270万円など支払いスタート
      開始したら生徒が集まらず最初から赤字に
      実際には閉鎖が相次いでいた

    加盟店になれば、加盟料が本部に入る為
    加盟した人が継続できようができまいが知ったことではないという本部だけがいきのこればいいという事例がまかり通っている

    結果として加盟した店舗のオーナーには負債だけが残る

    フランチャイズビジネスには規制が必要
    中には存在している詐欺的なフランチャイズビジネスの本部が淘汰されないと駄目になる。

    コンビニエンスストアのFCは、大本の会社がやりたい放題という日本