趣味で稼ぐ方法についてはやはりブログが最も簡単だろう。
好きなことで稼いで生活の足しになったら楽ですよね?
毎月の収入が上がらないので、奥さんから貰える小遣いが微々たる金額で飲みにも行けないというのは肩身が狭いですよね。
ちょっと視点を変えれば、趣味を強みにして稼ぐことが出来るのにもかかわらず実践しない人が多いので、本当に損していると思います。

趣味で稼ぐ

趣味で稼ぐといっても趣味を本業の仕事にすることは様々なハードルが高い。
らーめんが好きだからと言ってラーメン屋になることは店舗費用やラーメン作りのスキルで壁が存在する。
修行という意味合いでラーメン店に入社するのもありですが、
趣味と現実のハザマで揺れ動くことは大いに見えている。
ラーメン屋を開業するには

若者の進学でも好きなことを漠然に考えていて、適当な考えで声優とかアニメーター目指す人も多いようですが、好きというだけでその道に進むといざという時の潰しが利かなくなる。
好きなことが曖昧なら、潰しが利く職業や進学先を選んでいた方が安全な選択肢だ。
男性声優が出す女声(?)

専門学校・スクールの資料請求ならコレカラ進路で!

趣味で稼ぐ

webサイトは資産になる。
最初は無料ブログからで良い。
本腰入れたい場合は独自ドメイン取得して、WordPressでもインストールさせれば簡単にサイト作成が可能だ。

  • ブログに趣味の事を綴る。⇒普通の日常記録などは避ける。
  • カテゴリーを分かりやすく構築する。
  • 見やすい記事構成を考える。WEB記事は、小説では無く本でもない。WEBブラウザで閲覧する媒体と閲覧する人の視点を考えて構成すべき

ブログアフィリエイトを開始して稼ぐには?

趣味で稼ぐ実践編。

実際に売ることで稼ぐとなると少しハードルが高くなる。

写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~


絵やイラスト・動画作成の趣味だったら、動画サイトや、絵やイラストの販売サイトで容易に販売可能だ。
LINEアイコンなど、個々の小さなサービスを作って販売することでも収益を獲得することは出来る。
動画そのものはYoutube動画にアップロードして収益化も出来る。
YouTubeでユーチューバー等で稼ぐ方法について紹介する。

自作小説だとか自費出版したいひとならKindleで電子書籍は販売可能だ。

裁縫や小物づくり等が趣味であれば、ココナラなどのクラウドソーシングで請け負ったり
手作り品販売サイトで販売することが可能だ。
大抵のものはインターネットで販売可能なので趣味でやり方さえ間違えなければお金を稼ぐ事は出来る

注意点:
無料が、有料に切り替わると購入者からの辛辣なレビューが書き込まれたりすることが多い。
特定商取引法の表示が必要なサービスなどは、十分に考えた上で販売開始した方が良い。
noteで詐欺商材販売が増える理由。

趣味で稼ぐ事は儲かるか?

趣味でいきなりドカンと稼げる事例はそうそうあり得ない。
しかし中には、仕事しながら趣味で色々とやっていたことが有る時期ドカンと大ヒットしている事例は僅かながら存在している。
しかしどこでヒットするのか分からないのが、インターネットを通じた、情報発信だ。
ブログを続けていることで、何かしらのタイミングでチャンスが沸いてくる可能性がゼロではない。
逆に何もやらないままでいたら、一生何も起こらない事は断言できる。

収入アップの道

他人に見向きもされなくとも、何年も10年以上でも継続できる人だけにチャンスが有る。

見向き去れないとはいっても、改善したり工夫する必要は当然有る。
何も変化させないのでは一生日の目を見ないリスクは存在している。
インターネット上の媒体であればSEO(検索エンジンからのトラフィック)が獲得できないのであれば広告を打つことやSNS集客も考えないといけない。
メルマガなどの手法は今でも有効な手段だ。
SEOで集客するには、2つの対策要素と修繕点

全く改善できないのであれば進歩していないということなのでどれだけ球数を打っても無駄になる可能性が高い。
このことはインターネットビジネスだけでなくオフラインのビジネスでも同様のことが言える。
インターネットで行うビジネスだからといって簡単に成功すると考えるのは甘い。
飲食店の集客について考えてみる注意