Google AdSenseが消えたらどうなるのか?このことについて。

    Goohleアドセンスという広告を知らない人はいるかも知れないが見たこと無い人は日本には居ない筈だ。
    インターネットがスマートフォンで接続できる現代においては

  • ネットを使った事が無い
  • 携帯電話すら持ったことがない
  • という人がいるならアドセンス広告を見たことはないのかも知れませんが普通はそういう人の方がかなり少数派だろう。

ウェブサイトの収益化

ホームページ(WEBサイト)を収益化するにはアフィリエイト広告が一番楽だということ。
広告掲載していれば、クリックや売り上げに対して報酬が発生する。
個人がwebサイトでものを販売したりするよりも導入も運用も楽であり遥かにメリットが大きいのだ。
その中でも検索エンジン大手のGoogleが運営するアフィリエイトサービスの『Google AdSense』は最も普及しているといって過言ではない。

Youtubeの広告はアドセンス広告

Youtube広告はアドセンス広告だ。
2015年3月時点においてはアドワーズとの連携後の兼ね合いで出稿できるような仕組みが表示されていたのですがまだ試したことは無い。
ユーチューバーなるものが存在しているのもアドセンスがあるからであって、動画広告がなければ、好きな事で生きていくなんざのたまう人は少なかったのだとも思う。
(Youtubeを使ってその他の収益化ノウハウも存在していますが割愛)

ブログ広告もアドセンス

アドセンスを自サイトで掲載しなくとも、
アメーバブログにもアメーバ運営側のアドセンス広告が掲載されている。
楽天オークションの画面でも楽天市場のアドセンスが表示されている。
SEESAAブログやはてなブログの無料プランにも運営側の広告が差し込まれている。

アドセンス広告がリーチできるのはYahooの広告の比ではないのが実態だ。

アドセンスが終ったらどうして収益化するのか?

もしもアドセンスが無くなったり、アカウント停止になってしまった場合は他の収益化を考えないといけなくなる。
他のASP(アフィリエイトサービスプロパイダ)を用いるか、
類似の配信方のアフィリエイト広告に張り替えるかなど。

ただし配信方の類似サービスの収益率は単価が低いのが顕著なのがハードルが高い。
ASP広告もリンクが終了する案件が多いため、一時しか稼げない可能性と、張替え作業の手間が発生する。(メンテナンスが欠かせないデメリット)

動画媒体の収益かもアドセンスが終ると、ハードルが相当高くなる。(Youtubeからの自サイトへのリンク誘導比率は、リンクを掲載していても結構少ない。)