コンテンツマーケティングを使って、集客する理由。

  1. ホームページでの集客方法がわからない
  2. 検索結果上位にサイトが上がらない。
  3. 売り上げが出るユーザーを集めたい
  4. 自分のサイトのアクセス解析の見方や分析方法も理解できていない。
  5. Webサイトの改善に何から手を付けて集客につなげればよいのか目安すらわからない。
  6. メールマガジンでリピーターを集めたい

閲覧するユーザーの為になる記事を発信しつづけていくことにより
自分のサイトのサービスを利用してもらうための集客方法がコンテンツマーケティングです。
例えば、
サービス―をWEBサイトで販売していなくても
飲食店なら利用してくれように繋げたり、
美容院なら、サービス紹介したりして信頼度を上げるなど、
歯医者などでもコンテンツマーケティングに取り組むサイトは存在しています。

記事は、一度作成してWEBサイトで掲載していれば、
継続的に集客できるチャンスが生まれる為、活用すべき手段です。

APPLE note pc businessman

コンテンツマーケティングとは
サイトにコンテンツを作成して集客する方法。
企業が作ったコンテンツを用いて顧客に行動を促すこと。
この方法について紹介します。
例えば動画やアプリ、作品の記事など。
Youtube動画などをビジネスに取り入れるのも、コンテンツマーケティングと呼べる。

    コンテンツマーケティングの具体的な主なテーマは、

  • 『ユーザーの為になるコンテンツ(問題や悩み解消等)』
  • 『閲覧した人の役に立つコンテンツ』
  • 『その書かれた内容を見て納得する内容。』
  • 閲覧してもらったユーザーにファンになってもらうこと或いは消費を促す事がゴール地点とされる。

コンテンツって何?

そもそもコンテンツとは?という所から。

日本ではコンテンツというと映画や音楽、漫画などを連想してしまいがちです。
写真などもコンテンツですが、実際のところブログの文章もコンテンツなのです。
文章というと
物書き・作家を連想してしまいそうですが、プロでなくとも文字は価値があるものです。
極端な例を言うとTwitterでツイートしている文字すらもコンテンツです。
(法律の解釈では140文字程度だと権利の主張は難しいという弁護士の見解も見受けられます)
日本人はブログユーザーやTwitter人口も他国に比べると多い国なので文字をノートに書く人は減っていても、パソコンやタブレット・スマートフォンで入力する人は、相当増えていると考えられます。

極端な話小説などなくともブログやWEBのニュース記事もコンテンツです。
このコンテンツ』を以下に有効に使うのか?というところがポイントです。

マーケティングに結びつけることが必要になるのです。

コンテンツを作るメリット

コンテンツ作るのは時間も労力も掛かるので面倒だという考えがあるかも知れません。
イラストや写真作成を外部に依頼すると費用もバカになりません。

コンテンツマーケティングを行う上でどういうメリットがあるのか?

これは一重に検索エンジン対策の一環として考えられます。
ではコンテンツが、SEOにどう作用するのか?
コンテンツページがヒットしてもちっとも売れるはずが無いと考えるECサイト運営者も少なくないと思います。
逆にコンテンツページを沢山もっていて
そこから集客することが出来れば、ドメインに全体に対する被リンクの獲得と、訪問者数の直接的な増加で、全体的なサイトの向上にも繋がりますし、結果として収益にプラスになる可能性が考えられます。

Shinobiライティング

集客

WEBサイトにコンテンツを作る事で集客ができるのは結びつきますか?

ECサイトでなくとも、会社の公式サイトでも、閲覧してくれる人がいないと収益に繋がる機械はありません。
閲覧者数を獲得するために、「SEO対策だ!」ということで業者に依頼してSEO屋から被リンクを購入すると、アルゴリズムに引っかかりペナルティー判定をもらうと、検索結果の外に弾かれてしまいます。
1ページ目に出てこないWEBサイトは誰の目にもとまりません。
せめて2ページ目で表示されても微々たる集客です。
3ページ目以降を確認する人は先ずSEO業者かライバル事業者でしょう。
普通の人はよっぽどの単語で無い限り探しませんし3ページ目まで開くことは稀有です。

事例
    最近では、

  • 化粧品メーカーが成分についてを解説していたり
  • 洗剤メーカーが洗い方や素材ごとの洗い方のポイントを紹介しているコンテンツが存在している。
  • 板金屋さんが各種凹みの直し方を解説して修理前から作業内容、修理後の動画をアップロードしているものも安心感を生むことで役に立つ。
役に立つコンテンツとは?

お笑いよりも役に立つコンテンツについて。

ユーチューバーにありがちな失敗事例が『ネタ(お笑い)』に走るパターン。

これは悲惨な事になりやすい。ユーチューバーやニコニコ生配信者の末路:YouTube
掲示板に晒されて炎上している事例が後を絶たない。
面白いコンテンツや愉快なコンテンツを悪くは無いのですが、素人の芸をシェアしたくなる可能性は低い。
笑いのネタというのは、旬も短い。お笑い芸人が短命なように、ギャグのネタの消費は旬が短い。来年もその動画で笑う人がいると自信がある渾身のネタなら良いのですが普通は難しいだろう。

逆に作成する為に、良いコンテンツとしては悩みに対する解消を提案している物が良い。
ダイエットの痩せ方のノウハウや 料理のレシピなど何年たっても劣化しないコンテンツは需要が減る事はないためコンテンツとして役に立つ。

はてなブックマークや、twitter・facebookで、シェアされることがないコンテンツは色あせていく。

バイラル・マーケティングとは

O2Oはオンラインtoオフラインの略称