ドローン少年こと生配信者のノエルですが逮捕後、特に情報が出てこないのですが、一部他のニコニコ生放送配信者が、ノエル宅を訪問してインターホンを押してその後警察に職質されている事例があるなど、なんともいえないことになっている。
25万円支援したという人物が警察に出頭していたりするようですが、他に続報がないので果たしてどうなるのやらという感じ。

ノエル逮捕後自宅凸した人の事例

ノエルという少年が逮捕された直後に自宅凸した生主がいるのですが、これは少年が住所をwebサイトで公開していたため起きうる出来事だと言える。
アンチとよばれる人が多いのにあえて住所を公開していることは、普通にリスクがついてまわる。
それでも過激配信をやめなかったのだから、まぁ凸する何も考えなしの愉快犯が出てくるのはわからなくもない。

生配信(外で配信する行為)は、今回のノエルもそうですが、同様に他の生配信者も事件後の配信内容が愚行すぎる行為を行った場合に直接ペナルティーがないことが助長しているようにも考えられる。
(今回のノエル宅訪問は不法侵入で注意されたらしいですが・・)

スポンサード リンク

ドローンとは

100M以上の飛行が出来るWEBカメラやGPSを搭載している高価格なラジコンヘリと思ってもらうと理解しやすい。大型のものだと産業用に期待されており、アメリカのAmazonによる配送につかう計画や日本でも農薬散布や被災地の確認などに使うことが検討されていたりする。

Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター スカイコントローラーセット (レッド)

  • メーカー: パロット
  • 発行日:2015-04-03
  • じゃがりこ犯人との比較

    例えばじゃがりこつまようじ事件の犯人の場合も同様に15歳位の時点で前科が有る(少年事件なので前科ではないですが・・・・)
    2011年と2013年、2度の逮捕その後2015年につまようじ事件で3度目。
    犯行予告の書き込み⇒逮捕⇒釈放⇒生活保護うけている中で生活していて保護観察中に『つまようじ事件』

    少年院を満期で出所した後に2件の事件を起こしたことから考えても
    ドローン少年ことノエルが良くなるかどうかは期待しにくい。
    14歳~18歳位までのインターネット利用と非行で考えるとちょっとした共通点がある気がする。
    共に社会に対して不満をもっていたり動画内で発言していることからも、ドローン少年が今後どうなるのかは気になる。

    ノエル擁護派(囲いとされる人達)の行動

    『逮捕された、ノエル君の釈放を求める』といった募集を行っている人がいるが、威力業務妨害か否かは検察や弁護士などが判断するとして一先ず、親が保護責任満たしているようには思えない+無職+家出暦ありなので、逃亡の恐れがあったため逮捕はしたかたない気がする。
    逮捕の罪が不当化いなかは専門化が判断するとしても、擁護する大人がいる限り再犯や生配信+過激化に走る可能性を強く危惧する。
    角川・ドワンゴ(ニコニコ動画等)が経営統合?

    放送内容が過激化する訳

      生配信が過激化する理由の一つとして、閲覧者を増やしたいという動機が根底にあるのだろう。
      閲覧者や再生回数、PV数が増えることで収益化が出来ることが最大の理由だと考える。
      ノエルと自称している2015年5月時点では15歳の高一にあたる年齢の人物ですが高校には行っていないため無職の人ですが、

    1. 私立中学校の退学時の光景の生配信(盗撮)や
    2. 中学生時代の家出配信に始まり
    3. 川崎中一事件の現場加害者宅生配信や
    4. ニコ生本社凸
    5. 新聞社凸
    6. ドローンの各種事件
    7. と過激化する生配信の外配信での内容を放置しておくと今後もっと過激化していたのではと思うばかり。
      今回の逮捕で、もし釈放されたとしたら今後の抑止になるのかどうかは微妙な面が拭えない。
      押収されたものも時間がかかっても違法性がない物は手続きとれば返却されるでしょうし。。。

    元々発言していた内容が過激発言化して閲覧者の注目集めていたり、
    凸者を煽ったりで、常識的なまともな放送としては、コンテンツ配信が出来ない人物なのだろうなとは思う。
    炎上芸だけで再生数を稼ぐ系は大抵末路は碌なことにならない。
    オワ吉 勤務先に迷惑行為されて退職?

    幇助に当たるのか?

      リスクがありそうな援助の例

    • 例えば配信方法提案してあの時期あのタイミングで皇居周辺でドローン飛ばしたら目立つんじゃない?と提案してドローンを渡していたら何かしら責任追及されそうな気がする。
      普通にドローンをあげたというものでは罪にはならないだろう。
      先に配信者があの辺りで飛ばしたら面白いのでは?という配信を見てあげたのであれば微妙なところ
    • 逆に家出中に資金提供していた場合も何かしら別の意味で責任とわれそうではある。
    • 京都や他都道府県までの旅費支援していた場合も何かしらの罪に問われそう。
    • リスクがないと思う事例

    • ノートPCを購入するために現金25万円渡したとしてそれが即罪かというのは疑問視する。(ノートパソコン自体は違法ではないですしその使い方までは、指示できない為)生配信に使ったとしても罪ではないからだ
    • アマゾンのギフトカードとして仕様できない投げ銭コインなども、罪にはとわれないと思う。
    • 疑問点が、どうも行っていた内容から15歳少年(中3から高校1年程度の年齢)が行うには、収益化やサイト運営の面で色々と周到すぎるため、大人の知恵を注ぎ込まれていたのではと思ってしまう。
      現に高校生生配信者とかは、ここまで活動力や収益化などで活動的な事例を他に見たことがないからだ。

    その後出てきた高収入学生ユーチューバー
    桐崎栄二(きりざきえいじ)という高校生ユーチューバー月収150万超え

    収益化

    1. ニコ生は頻繁にBANされていたようなのでニコ生で収益化はできていなかったと考えられる。
    2. アフリカTVという生配信サイト(韓国の会社が運営)しているとろこで生配信することで、閲覧者からコインとよばれるポイントの投げ銭を貰うことでアマゾンギフトカードに変更することが可能だったと言う事で、収益化の面がある。
    3. 他にも

    4. サイトに広告バナー募集を行っていた事。
    5. WEBサイトで口座番号を公開していたり、ウェブマネーを募る行為を行っていた事。
    6. WEBサイトでミサンガや各種自作グッズを販売していたことが見て取れる。
    7. Youtubeチャンネルは、アドセンス広告が掲載されていること。(18歳未満だと親の許諾がないとアドセンスアカウントの収益化は不可能なはずですが、母親が許諾していたかどうかは謎が残る。他の第三者が噛んでいるのではと疑問視する)

    支援者

    これほど反社会的な内容を発言していた生主に広告出稿したり投げ銭を行っていたり現金を支援していた大人はどうなのよと思ってしまう。
    ラジコン(少年)でラジコン(ドローン)を操ると表現している人がいましたが、
    これって応用利かせると
    どんな犯罪にも発展しそうで、途上国のテロとかと大差ない気がする。

    ニコ生などで目立とうとする少年らは単純に馬鹿なのではなく、それを煽り資金援助する大人がいる、という構図だった。
    踊る子供、煽る大人-ドローン少年の逮捕とドローンを与えた大人の共犯関係- http://togetter.com/li/824523

    奇行を行ったり、
    警察に逮捕されるような行動を行ったり、
    30代男性でも、アホな行為を生配信することで閲覧者を稼ごうとする人が多いのが
    インターネット生配信の痛い現状だろう。

    業務妨害?

    祭り妨害したということに関しては、各種弁護士から疑問の声が上がってはいるが、どちらにしても主催者側から、被害届けだされたら動くという点は拭えない。
    実際に事故や被害が明確ではないが張り紙掲示するので威力業務妨害に該当するというのはピンとこない点はある。
    そのうえで現場でドローンを飛ばしてはいないことから、違法だと問えるかどうかは疑問だ。

    生配信(外配信する)⇒アンチの閲覧者による警察に通報がたくさん行く⇒今後日本中で多発したら迷惑極まりない
    それこそ、中学生やどこぞの逮捕された30代とかの事例から考えても逮捕されない程度の生配信で、同様の生主が増えたら警察にとっては迷惑極まりないだろう。
    40歳男性がインターネットで虚偽申し込みで業務妨害⇒逮捕という事件

    ノエル式動画配信のリスク

    1. 顔写真が特定される。鼻マスク姿とはいえ、年齢と住所と、大体のその他の項目から個人情報とはいわないまでも個人を特定しやすい情報が多い。
    2. 実家の住所を公開している
    3. 学校名が特定されている(私立中学退学⇒公立中学校卒業という履歴)
    4. 親の職業も特定ではないものの目星がつけられている
    5. 姉妹の氏名もバレている
    6. 本人だけでなく、家族が無駄にマイナスに足を引っ張られる危険性を疑問視してしまう。
    7. 動画に入っている音声に本人のものだけでなく、姉妹や母親と思われる人物の声が入っているものが拡散されているため、一生消す事が不可能な点は、ノエルの責任ではあるものの本人は悪びれることはないのだろうと思う点。
    8. こういう子供に育ったら、一家に大打撃与えてしまいますね。

    ゲーム機を壊せという塾講師。

    外配信

    元々身分証の提示をしていなかったノエル本人が15歳ということもあり免許を所要していないこと。
    (原付免許だと16歳以上~取得可)
    過去動画を見た限り、親から保険証をもらっていないとのこと。
    高校に行っていないため、学生証もないこと
    これらの理由から職質拒否していた可能性も否定できない。

    中学生・高校生・大学生の人が生配信する時に注意すべきポイント

    2015/11/20ドローン少年(ノエル)のYoutubeチャンネルアカウント停止