Youtuber、ノエル・シバターの日刊ゲンダイに対する反論が変すぎて呆れる。
炎上系ユーチューバーは一体どんなプロレスゴッコで駆けていくのだろうか。
たむちん×オワ吉のサクラ芝居劇といい、滑稽なものが多い昨今、
ノエルはノエルで、民間企業に対して色々とリア凸を性懲りも無く繰り返しているようですが・・・。

スポンサード リンク

【ノエル】ドローン少年 日刊ゲンダイから取材がきた話!!(・`□´・)凸【ニコ生】【1209】

ノエル側の反論

同じテーマに

シバターサイドも触れていた

この動画内で触れている。
ギャラについて、チャンネル登録者の1.5倍とか主張しているが、普通に考えても炎上系や、バカネタ動画に1.5倍の出演料払って動画製作の協力依頼投げる企業は無いと思うのだが。(ステマレビューなどであれば、どうかは知りませんが)
一体どんな、企画の妄想を考えて1.5倍といった金額提示しているのか謎すぎである。
(ただこの人、ノエル逮捕後のテレビ取材は絶対ギャラもらっていないのだろうなと思えたり・・・)メディア媒体でギャラが出るときと出ないときの差は大人的に自分は把握した上でノエルの反論に乗っかっているのだろうなと何時もの炎上ネタ的に思うばかり。

まぁインターネットで、無償でとか、ぼっくりな金額で仕事依頼してくるなどPixiv界隈でもよくあるネタですし、スルーするのが鉄板なんでしょうけど、今後もこの手の企業は後を絶たないでしょうね。

活動再開 ドローン少年に取材を申し込んだら「30分5000円」

 9月に入ってからも、動画配信サイトで頻繁に生放送を行っているノエル。自ら〈とうとうあいつがやってきた!〉なんて大げさなタイトルを銘打つなど、自己陶酔ぶりは増しているようにもみえる。

ノエルはこのことに噛み付いているようですが、まぁ。
とうとうあいつがやってきたに関しては「ウェイパーの事だ」と主張していますが、
食品(調味料に)対して「アイツ」という人は普通いませんよね。
このあたりで矛盾が大きく滲み出ている。
記者もそこを揚げ足とってどうすると思うばかり。
自己陶酔というよりも、10代少年のあがきにしか思えないのですが、10年後どうなっているのかは気になるのでした。
(どちらにしてもノエル・シバター系のユーチューバーってUUUM系のYoutuberよりも下火になりやすそうな気がしてならない。もし生き残ったとしても、ニコ生配信者系の立ち居地になるのではと思ってしまう。)

雑感

炎上系Youtuberは、個々の動画は、面白くはないものの、どこに行き着くかだけが着になる配信者たちである。
先日火事を起こすさまを生で配信した人も出てきた事ですし、その内yotuber界隈でもおかしなことやらかす人がでてきてもおかしくない気がしてならない。

2015/11/20ドローン少年(ノエル)のYoutubeチャンネルアカウント停止