女声を得る為には、継続する力が必要なんだと思いますが、一朝一夕で手に入るものでは無いんだというのが正直なところです。
ボイストレーニングというとどうしても歌う事等の特訓ノウハウのようなものか、あるいは文章を滑らかに読んだりするものが主体のようで、男性が女性の大域の声で話すと言うことに重点を置いたものは少ないのが現状です・・・orz
女性の声でしゃべれるようになる為には、ボイストレーニングというよりも話す特訓や、声帯で一定の音域で話すことが主体になるのかなと考えています。
ではどうしたら身につけれるのかを調べていく内容です

スポンサード リンク

女声で注意するもの

  • お酒とタバコは声を低くするそうです。
    (男性が話す「女声」で喫煙者でも声が高い人はいますが・・・希少な事例と考えます。)
    喫煙が呼吸器系にダメージを与える事は濃厚な考え方ですが、発声についての因果関係は解りませんが、健康第一です。
  • アルコールの多量な摂取は控えましょう。
    飲み過ぎると酒焼けなどで喉にダメージがある事は事実。
  • タバコは止めれるのであれば辞めたほうがいいと思います。お酒も適度が良い。

女声を出せるようにするには


ひたすら女声で会話すること。これにつきます。
男の声と女性の声では、喋り口調でも、イントネーションだとか
声を出している喉の筋肉も違うので、
一定の期間出さないと、女声が退化してしまいます。

逆に、毎日女声で話すことで地声も高くなってしまうような人もいます。
現実の生活で問題があるような人は、適度に使い分けが出来るように注意したほうがいい。
接客業で急に女声になったりしたら、とんでもないことになりかねません。
声が生活の左右を担っている人は適度に地声とのバランスには気をつけましょう。

地声も女声になってもまったく問題ないという人は、望むままに特訓しても問題はない。
ただし無理に声を出すのはよくないので喉に違和感を感じたらやめましょう。
各種声の出し方の違いと特徴
スマホ歩見ている女子高校生