Windows Liveというマイクロソフトのソフト一覧があるのですが、迂闊にアップデートしようとしたら、なんか選択肢が2通りあった。
で更新したら、スタートメニューのWindowsLiveのソフトの位置がずれてたorz
Windows_Live20101024のアップデート後

スポンサード リンク


普通に、既存のインストールしてある、Windows Liveのソフトの更新だけでいいので、2つ目の選択肢を押したものの、1番目の選択肢を押したらきっと全部のアプリインストールすることになったんかなぁと思うのでした。

しかし、Windows Liveはムービーメーカーくらいしか使わない。

アップデート後にWindowsLiveムービーメーカーが変わっていた

ここ1年間目だった更新は無いとは思っていたものの、ふとムービーメーカー開いてみたら、様変わりしていた。
というよりも上段のバーの項目が変わっていたという程度なのですが、
WindowsLive20101024 moviemakerupdate
更新前(数時間前)は、こんなインターフェイスでなかったのです。

機能の違いを調べてみたら、
アニメーションタブに、アニメーションの種類が増えているっぽいことと、
視覚効果のタブの効果の種類が増えていること。
編集タブに「動画速度の編集」がある。

前よりは見た目的には若干わかりやすくなっている気はするものの、ちょっとまだ使いやすい改善のようには見えない。

右上の動画共有のボタンにプラグインの追加というリンクがあるものの、リンク先は英語だorz
http://windowsteamblog.com/windows_live/b/windowslive/p/plugins.aspx?wlexpid=A3011117A00B478F8DB6EBB4C3D66BE4&wlrefapp=5

いまいち・・・だなぁと思うのでした。
WindowsLIVEはここ Windows Live on MSN
こんどのアップデートはいつになるのだろう。