MSI NVIDIA GeForce GTX 690 搭載ビデオカード (VD4660) N690GTX-P3D4GD5
まず最初に、GTX680は、AMDの、Radeon HD 7970よりも有利というスペックとのこと。

2012年05月03日 22時のアスキーの記事で、NVIDIAのGeForce GTX 690と、GeForce GTX 680×2 (SLIという1つのマザーボードに同型のグラボを2枚挿しする方法)でどちらがどう有利なのか比較があったので紹介します。

GTX680のワットパフォーマンスはシングル最速GPUなのにTDPを195Wにまで抑え、描画性能でもライバル「Radeon HD 7970」に圧倒的な差をつけたことは記憶に新しい。

NVIDIAの自信作「GeForce GTX 690」は、680×2と何が違う?http://ascii.jp/elem/000/000/691/691500/
それに加えて、GeForce GTX 690は、GTX680をデュアル(要するに2倍)で搭載したスペックとのこと。
簡単にいうと、GTX680が2枚分のスペックが一台で発揮するのが『GeForce GTX 690』というビデオカードなのだ。

スポンサード リンク

2種類の外見の違い等も比較されている。

ぱっと見た外見では、GeForce GTX 680とGeForce GTX 690では 680の方が短い。
GeForce GTX 690と、Radeon HD 7970は長さはほぼ一緒。

スペック比較は、 http://ascii.jp/elem/000/000/691/691500/index-2.html
のあたりを見てもらうとしても、結局のところ、

消費電力の面や性能面でも、
GeForce GTX 680×2 よりも<NVIDIAのGeForce GTX 690(1枚)が圧勝となっている。

  • 最上級の感動を求める人に与えられる格別の性能消費電力や静音性でもかなりの革新を感じる意欲的モデル
  • だがフルHDをさらに超える負荷をかける多画面表示にするとGTX690が輝きはじめ、単一のビデオカードとしては夢の製品となる。「そこまでしてゲームをしたいの?」と考えてしまう一般人を、このGTX690はターゲットにしていない。「これは凄い!」と心から思えてしまうエンスージアストだけを見ているのだ。http://ascii.jp/elem/000/000/691/691500/index-5.html

    まぁアメリカドルの価格で999ドルのビデオカードの、「GeForce GTX 690」なので、その価格をひょひょいと購入できる人は手に取るべき代物なのですが、
    GeForce GTX 680でも5万円くらいするので、ハイエンドの極みな世界なのでした。

    結論としては、スペック的にも価格的、消費電力的にも。GeForce GTX 690が1枚あれば、680のSLIよりはお得ということなのでした。