グラフィック性能比較ベンチマークテストは、ドスパラ公式通販サイトの以下のページがまとまっていて見やすいです。

スポンサード リンク

主なグラフィックカード一覧(2012年 4月20日現在)
– ビデオ
メモリ 3D Mark
Vantage
スコア※ ベンチマーク:3D Mark Vantage
参考環境:Core i7-920 / X58 チップセット /
3 GB PC3-8500 メモリー / Windows 7 Ultimate 32 bit
※計測時期によりドライバのバージョンが異なっているため、最新ドライバを使用することによりスコアが大きく変わる場合があります


グラフィック性能比較ベンチマークテスト|ドスパラ公式通販サイト http://www.dospara.co.jp/goods_pc_topics/share.php?contents=vga_def

古いグラボでは、9500GTから、最新のものでは、GTX 680 SLI が掲載されています。

グラフィックカードは、たしか2005年くらいに最初に中古でしょぼいものを継ぎ足したことがあります。
中古のペライやつを2枚くらい買い換えたりした。

そのご8600GTSあたりの物を買って、
現在GTS250を利用していますが、
ひとまず、580とか680あたりのグラフィックカードを一度は手にしてみたいものの、ハイエンドではなく、ミドルレンジのカードで足りてしまう自分がいたりします。
GTX460は購入は悩んだのですが、見送って、GTS250の老体に鞭を打っている状況。
560tiが手ごろで欲しいと思ったものの買い時を逃して未だにGTX250です。
熱と消費電力が高いんですよね250って(現行のGTX550とかのが低燃費で高性能・・・2世代まえだしなぁ・・・)。

たぶん今度は560位のものが欲しい状況です。
しかし600番台のミドルが出たら・・・
と、それはそれで考えます。

AMDの、Radeonは一度も手を出したことがありません。(別にらAMDが嫌いというわけではありません)

グラボの名称

グラボの名称は実に様々あります。
まず最初に

  • グラフィックボード
  • 「グラフィック」と「ボード」を重ねた語ですが、これを略して『グラボ』と呼んでいたりします。

  • ビデオカード
  • ビデオ出力するをためのカードの事ですが、これも故障が違うだけでグラフィックボードのことを指しています。たぶんビデオカードのが古くから使われていた様子ですが、いまいちぱっとしないので個人的にはあまり多様しません。

    中にはこの2つの呼称が混じってグラフィックカード等と呼ばれることも中にはあります。
    これらはどの呼称が正しいのか?というのは特に決まりがあるようなものでは無いようです。

    グラボでも、ビデオカードでもグラフィックボードでも通じます。

    メーカー

    各種グラボのチップセットのメーカーが開発+製造しているグラボを、各グラボの製造販売メーカーが販売している形です。

    • nvidia
    • Welcome to NVIDIA
      NVIDIAは、ビジュアルコンピューティングテクノロジの世界的リーダーですhttp://www.nvidia.co.jp/page/home.html

      GeForceというビデオカードを製造しているメーカーです。
      内蔵グラフィックの機能はInelとの共同だったりするっぽい。

    • AMD
    • Radeonシリーズのビデオカードを製造しているメーカー。

      革新的なグラフィックス、プロセッサー、メディア・・リューションを提供するグローバル企業
      http://www.amd.com/jp/Pages/AMDHomePage.aspx

      他にもAMDのCPUも製造+販売している(Phenom プロセッサー等)

    CPUに関しては、Intelよりも同価格帯では安い性能はすぐれていて、逆にIntelは価格が高くても性能が良いものを販売しているのが現状。
    逆にIntelの性能に勝てないためにAMDが低価格帯で販売しているとも言われている雰囲気がある。

    時期やタイミングなどシリーズや型番でも、この両者の性能と、手ごろ感は入れ替わったりするので注視したいところです。

    フリーソフト

    PCに入れておくと便利なフリーソフトの紹介です。

    グラボ周りから

    3DMark Vantage

    DirectX 10専用の3Dベンチマークソフト。

    ジオメトリシェーダーなどDirectX 10の新機能を利用したベンチマークを行えるほか、ベンチマークのプリセットのうち最高設定の“Extreme”では解像度1,920×1,200のモニターと512MBのビデオメモリが必要など、次世代ゲームのパフォーマンス指標にふさわしいベンチマークとなっている。


    http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hrdbnch/3dbench/3dmarkvtg.html

    以下PC関連全般のソフト

    PC内の情報確認するソフト speccy

    32bit版および64bit版のWindowsに対応

    ダウンロードは公式サイトから出来る。 http://www.piriform.com/speccy

    グラフィックカードの他にも、OSや、CPU情報、メモリ、マザーボード情報、HDD情報、光学ドライブ、オーディオ、周辺機器、ネットワーク情報などが確認できる。
    公式サイトは英語ですがソフトは日本語対応しています。

    Windows764BIT版で問題なく動作してます。
    グラフィックのタブで確認できた項目が、
     名称 メーカー名・型番
     現在の解像度 1920×1080 ピクセル 等
     タスクバーを除く解像度 1849×1080 ピクセル 等
     状態 有効, プライマリ, 外部出力サポート
     画面の解像度(横)
     画面の解像度(縦)
     画面の色
     画面のリフレッシュレート 60 Hz
     デバイス .DISPLAY1Monitor0

    グラフィックカード名称 GeForce GTS 250
     GPU 
     デバイスID
     リビジョン 
     二次供給元
     製造プロセス 65 nm
     ダイサイズ 330 nm2
     トランジスタ 754 M
     リリース日付 Mar 3, 2009
     DirectXサポート 10.0
     DirectXシェーダーモデル 4.0
     OpenGLサポート 3.0
     バス規格 PCI Express x16
     温度 55 ゚C
     ForceWare version
     BIOSバージョン
     ROPs 16
     シェーダー 128 unified
     メモリの種類 GDDR3
     物理メモリ 1024 MB
     仮想メモリ 2816 MB
     バス幅 256 Bit

    等が分かるよ。グラボの温度が分かるので重宝する。(CPUとかも)

    PC内の温度測定

    オープンソースで開発されているハードウェアモニター
    「Open Hardware Monitor」
    http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20100727_383668.html

    温度を見るソフト

  • 32bit版および64bit版のWindowsに対応
  • 冷却ファンの回転数も見れる。

    ショップブログ

    Linkメモです。

  • ドスパラ – パーツの犬
  • http://partsdog.dospara.co.jp/

  • BTOパソコン – 開発こぼれ話【クレバリー】
  • http://blog.livedoor.jp/clevery_bto/

  • ツクモDOS/Vパソコン館 (@TSUKUMO_DOSV) on Twitter
  • https://twitter.com/#!/tsukumo_dosv
    ツクモネットショップ
    https://twitter.com/#!/Tsukumo_netshop