2009年末~発売されていたSATA3.0(6Gbps)対応のマザーボードは少なくともあったものの、ここ2011年はじめに来てついに続々とSATA3.0(6Gbps)とUSB3.0対応のマザーボードが続々と出てきたのです。

スポンサード リンク


P8H67-V

気になる価格帯

ツクモでH67で検索した結果安いものは7000円台でSATA3.0(6Gbps)対応のものが有るにはある。

マザーボードだけではなく、ハードディスクやSSDも変更しないと6GBPSの転送速度の恩恵は受けられないので注意は必要です。

ソケットタイプは、H67マザーボードは、 LGA1155対応。
注意点としては、LGA1156との互換性は無いということか・・・。
ただ後継らしいので徐々に1156は、1155にとって変られると思う。

メモリーは、
デュアルチャンネルのみでトリプルチャンネルは不可能。
DDR3 1333/1066/800 等ですが、対応メモリーの詳細は、各種マザーボードで確認すると良い。

2011年に、SATA3.0が普及するのか

現状SSDでSATA3.0(6Gbps)対応の製品は1種類しかないはずなので、その容量違いで選ぶことになるとは思いますが、128GBあたりが妥当な価格帯なのかとも思う。
Adobe系のプログラムソフトをがしがし使ったりする場合は、資金に余裕があれば256GBは欲しい所ですが。