ハードディスクが2TBが確かに7000円台で売ってはいますが気になるのが、これらの2TBハードディスクってSATAⅡなのです。
PC自作
2TBのHDD、ついに6000円台に突入

昨年7月に9000円を割り込み、10月には8000円を割り込んだ2TBモデルのHDDですが、ついに7000円を割り込み、6000円台に突入したことが明らかになりました。

たしかに安いのですが
注意したいのが、これは

スポンサード リンク

Serial ATA 3.0 GbpsはSATA2.0なのです

たとえばコレ
HD204UIの詳細ページ

interface : Serial ATA 3.0 Gbps となっており
この規格はSATAⅡなのです。

ですがまぁソケット775あたりの中盤以降のもの~、LGA1156あたりの殆どのマザーボードは、大抵SATAⅡのみ対応のマザーボードなのでSATA3.0だったとしても、まったく効果は無いので、特に問題はないのですが。

SATA2.0=転送速度 SATA3.0Gbps=実効速度 300MB/s

なのですよ。

  • WESTERN DIGITAL WD20EARSもSATA2で
  • Seagate ST32000542AS もSATA2なのです。
  • 詳細はSATA2.5とか細かな規格は、あるかも知れませんがどちらにしても、最大転送速度は3Gbpsなのです。

    SATA300といった表記でもSATA2なのです・・・(ややこしいですが)

    これらはSATA3.0が出たため今では旧式なのです。現行ではありますけど。
    そのうち変わっていくということを忘れてはいけないと思う。(互換性はありますけど・・・スペック的な意味合いで)

    ちなみに、

    SATA3.0は 転送速度 6Gbps=実効速度600MB/s

    理論値ですけどね。

    むしろこれらよりも3000円~4000円程高くても、SATA3.0の2TBでHITACHI製のものとか買ったほうが長い目でみたら得な気はするのですが・・・。(スペック的にも・・・)
    日立 HGST 3.5inch 7200rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps 0S03191
    >B004HEYOJ8

    まぁ、今あるPC環境にSATA2の2TBのハードディスクを積み込むのにはお得だなぁとは思うのですが
    SATA2.0と3.0のハードディスクでの書き込み速度の比較は見たことはないですが、マザーボードとハードディスク等を、丸ごと買い換える場合は後者が得な気がしたのでした。
    (ただ倍近い金額の差になるとネックか?)

    SATA.0(6Gbps環境)の速度を実際に計るには?

    SATA3.0(6Gbps)のHDだけでもなんともいえないので、
    CPUと、マザーボード、HDドライブと、すべての構成においてボトルネックになるものがない環境でSATAⅢ対応のHDが、どの程度の速度でるのかが気になるのでした。

  • 目安に良い記事
  • http://club.coneco.net/user/13212/review/36435/

  • SATA3接続できない環境でSATA600(SATA3のHD)を試したもの
  • http://review.kakaku.com/review/K0000090174/ReviewCD=369768/
    目安までに。

  • AMDと890FXでのSATA3.0(6Gbpsに関するもの)
  • http://club.coneco.net/user/11614/review/37701/
    http://club.coneco.net/user/12204/review/39083/

    別のものですが
    http://www.wdc.com/wdproducts/library/SpecSheet/ENG/2879-701276.pdf
    ハードディスクメーカーのスペックを見るとSATA2とSATA3でもあまり差異は無いのが気になりますが・・・。
    今までは3.0のHDDの優位性はなかったということか・・・。
    (9:26 2011/01/16 若干追記)

    まぁ、今後SATA3.0やUSB3.0環境も追いついていくでしょうし・・・。

    むしろSATA3.0環境が欲しいと思う今日この頃で、SATA2のハードディスク追加或は、安い2TBへの乗り換えは、あえてしないおいらなのでした。

    アマゾンAmazonで『パソコン・周辺機器』を検索する