メモリーはDDR3の選択時に3枚組みと2枚組みのものがありますが違いはご存知だろうか?

マザーボードによって異なるのですが、基本的にcoreiシリーズからは、1366マザーボードのみですが、トリプルチャンネル対応でメモリーのアクセス速度が2枚ざしのデュアルチャンネルよりも向上しているのです。

スポンサード リンク

intelCPUのメモリー事情

このため、1155と1156や1366のマザーボード購入後スロットによっては、2枚ざしかあるいは3枚ざしか用途にあったメモリーの枚数を揃えないとマザーボードの十分なパフォーマンスを得られなかったりする。

  • 1155と1156はデュアルチャンネル2枚挿し
  • 1366 トリプルチャンネル 3枚挿し
  • (3つ同じ色のスロットがあって2枚しかさしていなくてもデュアルチャンネルになるだけで損するということはないのですけどね)
    どうせ3枚同じメモリーがさせるスロットがあるのならば3枚同じ規格のメモリーを揃えたいところです。

    AMDCPUのメモリー事情

    ソケットはAM3では、デュアルチャンネルです。
    最上位プランの、PhenomX6 でもマザーはデュアルチャンネルのみなので、2枚セットのDDR3メモリーがあれば済みます。

    最近ではDDR3の2GBのメモリー以外にも4GBメモリーの価格も1年前に比べると相当価格は下がっているので、気になる人は店頭やwebで探してみるのが良いと思います。

    アマゾンAmazonで『パソコン・周辺機器』を検索する