CPUファンは、プラスチックのような素材なので
普通は何か付着しても埃とかだろうと思うのですが、新年早々不気味な物を発見したのでカメラに収めてみた。

ソケット1156-cpuCooler
普通の状態は、こういうCPUクーラーなのです。

これに、まさかの、あれが生えてた。

そうあれです。
CPUクーラーのファン部分にありえないものがwww。

ありえないwwwありえなさ過ぎる。

しかし事実なのだ。

スポンサード リンク

CPUのファンに生えていたもの

PCcooler-ni-aokabi
ファン部分に青かび発生の図

コケに見えたのですが実際はただの青かびです。
外に放置していたのではなく室内に置いていたものです。

一般的に考えてこんなことが起きるとは想像すらしていませんでした。(おいらの部屋どんだけ悪環境www)

捨てるつもりでばらしておいたので、はっきりとは覚えていませんが、このサイズだと1156のCPUクーラーだと思う。
そんなに極端に古いというものではないのです。

結論

PC部品保管時には注意したいなと思ったのです
原因は、ヤニ汚れにホコリガ付着した状態で、
部屋の隅っこの喚起性が悪いところに置いておいたのが原因だと思う。

これが、発生するのは稀

普通に使ったり置いたりしていてもカビが生えることはないので、これは超稀なケースです。
普通の宅内環境では、CPUファンにカビが生えることはないのでしょうけど
一応保管する場所には気をつけたいなと思ったのでした。

アマゾンAmazonで『パソコン・周辺機器』を検索する