先日GTX460が安くなってるなぁと思っていたら、
B004FPAMFE
12月7日にすでに、NVIDIA GeForce GTX570と580が出てる・・・orz

スポンサード リンク

NVIDIAのグラフィックカードの事情

2007年 8600GTなどのグラフィックカード
2008年 GT9800とか9800などがあって、
2009年 GTX280とかGTX270 GTS250などのシリーズが出ていた後に、
2010年 GTX460が投入されたのが今年7月頃だったと思うのですが、最初に480等の上位版が出た後にかなり送れてGTX460だった気はするのですがなんか意外とGTX460から、GTX580の間に期間があまりなかった感じなので、なんともいえない感じがするのです・・・。

グラフィックカードはとにかく毎年のように新機種を投入している。

GTX460が 9800の約2倍の処理能力というのだから、その差は歴然としたものだと思ってよいと思う。
古いグラフィックカードを買うことは、1昔前のCPUを買うよりも格段に処理能力は目に見えて変わってくるといっていい。なにしろ描画の要なので3Dゲームや動画編集をする人は、CPUとグラフィックカードは最新の物を使いたいものです。

大幅な変更が、CPUが2年から3年程度のサイクルなのでこの間にグラフィックカードはめまぐるしく変わっている。といっていい。

いまだとGTX460が手ごろでそこそこのスペックな物ではあるものの、最新のゲームであるFF14などを快適にPLAYにするには何が妥当なあたりなのかは目的によっても変わってくると思うので、十分考慮したいところではあるのでした・・・。