どこかのだれだかが
『君の名は。』というアニメについて美男美女じゃなければあり得ないとかいう寝ぼけたことを言っていたが
そんなの当たり前であるという話だろう。
なんだろうか、アニメというとサザエさんとかドラえもんとかアンパンマンみたいなのが基本と思っている日本人が多いのだろうか
最近のライトノベルからアニメ化する作品なんざ大半が主人公ハーレム作品が殆どじゃないか
少年誌の漫画も基本主人公モテキャラだろう。
不細工な主人公とかメインヒロインの作品の方が希少である。
それともなにか
過半数のアニメは美男美女でなければなりたたないというね、それが現実。
というかテレビドラマとかの方がそっちの外面は高いクオリティー追及してますがな。
それともなにかハリウッド映画とかは不細工な男優女優が当たり前に主役やっている映画が多かったりするのだろうか?

不細工キャラ

一応不細工なキャラクターが主人公という作品がなくもない。


ライトノベル原作でアニメ化されたアクセルワールドの主人公
ハルブたくん(もといハルユキ)
1巻もといアニメ版1話からクラスの不良からパシリにされている男子中学生。
OVAかなにかで痩せた時の状態を想像してやせたらもてるんだろうなという黒雪姫の想像から
逆算していても太った今の状態は普通には持てないという意味がw

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!


私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!の主人公の女子高生…
がんばれば更に凶悪になるという恐ろしい設定。