イジメの時間 「くにろう」の漫画。
タイトル通り”いじめ”に関する内容の漫画だ。
イジメられっこが、いじめの加害者に復習していく内容。
現代日本が舞台のようで考えさせられることは多々あるが、基本親が無関心な人物ばかりなので、非現実的な感じもかなり強い。

イジメの時間 作品詳細

―もう二度と生まれてきませんように―
学校の屋上から身を投げ出そうとするのは、
半年前まではごく普通の中学生生活を送っていた少年、歩。
彼をここまで追い込んだものとは?そして、その先に待つ真の結末とは…?

ざっと見た感想等してはこういう作品がある事は面白いのですが、ただこれを推奨できるかというと微妙な内容の漫画ではある。

イジメの時間1巻

2巻

中二病炸裂wwwwwww
バカに負ける屈服感

3巻

いじめ加速

4巻

裸踊り うんこもらし

5巻

逆襲w

6巻

須田地獄
そして適当ながれ

7巻

復讐劇
いじめっこの過去回想
女も捕らえる・・・

「なんて気持ちいいんだろう」
まだ続くのか

8巻


イジメの時間 (8)【電子書籍】[ くにろう ]

同級生女子(ゴリラ顔)に見つかる

「鶴巻(女)」転入時の過去回想

8巻だけでは話は極端に進展しない。

9巻

雑感

序盤はちょっとクドイかな。
流れが思ったほどテンポが良くなくダルク感じる

通常復習ものとかの作品だと単話から数話で1遍終わるのに対して
この漫画は1つの登場人物だけで数巻にわたってズルズルと描かれるので
クドく感じてしまうのが難点。

作中で描いている内容は評価したいけど話が長い

現実だと14歳とそれ以前では、刑事罰の加減が多少変化するのもポイントではあるが。
どちらにしても中学生の第二次成長期の暴力加減と無謀な態度は、きっちりと照準あててほしいかなとは思える。

ただ高校生でもいじめ自殺とか減らない印象もあるので日本の教育現場って本当アホだよなとは思う。


イジメの時間 (1)【電子書籍】[ くにろう ]

いじめについて

イジメは犯罪行為といえる。
ただし過剰防衛も日本では違法行為になる。
中学生位が、人が生きている人生の中で最も暴力的無謀な年齢だといえる。
高校以上になってから過激な暴力振るったりする輩は、タダのバカでしかない。
男女関係なくいじめは存在するのだろう。
地域によってもいじめが存在するエリア存在しない学校などが有る。
上級生が、下級生に対するいじめなども有る。
いじめ自殺などは根絶されていない。
体罰も同様に一向に無くなる印象はない。
いじめ対策の方法(自衛手段)

Ijime no jikan

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

onnnagoe