スマートフォン向けユーザーが多くなったためか、
一部のアド型広告で表示されるサービスには、どう考えても年齢制限引くべきなのでは?と思う広告が多い。
極端にモロダシだったりしないのでやっかいなのですが、
これは普通に、二次元表現の漫画」という表現を絞られる的になりそうで怖い。

ひわいな漫画広告が増えた理由

先に行っておくと、卑猥なコンテンツ広告が増えたのは、スマートフォンの普及によるインターネット人口の増加が要因だ。
従来パソコンにすら興味が無く、ガラパゴス形態の限られた社会で生きてきた人にポンとインターネットにつながるスマートフォンを渡したことにより、
大海原に解き放たれたのだ。
スマートフォンでインターネットの利用者数が増えた?
これが未知との遭遇になった。
学生はバカッターで会社を倒産に追い込んだり
刑事事件で逮捕される人物も出たり、
ユーチューバーに憧れる小中学生がいきなり増えることになった。
こういうバカな層を使えるのにてっとりばやいのがアダルトな媒体の産業だったのだろう。

現にゴルスタとかの事例でもバカな地中学生高校生が、バカな運営に煽られてホイホイ本名をツイートしていたりしたことからも、致命的なオツムが痛々しいかぎりである。

エロイ漫画の広告。

極端にアドセンス広告では露骨にエロイのは表示されませんが
アド型広告には他社の物がある。

  • adstirや
  • 忍者アドなど。
  • nend(A8というASPによるサービス)
  • 他にも

  • AMoAd(アモアド)サイバーエージェント系
  • これら等の広告が有り、
    大抵の中小のアド型広告には、R18広告のカテゴリーがあったりする。(サイト側が、非表示にすることは可能)

    ただし一部では、R18設定でないものでも露骨な性表現ではなくも、性的にどうなのよと思える広告が無いという物ではない。

    アダルトコンテンツの負の効果

    アダルトな漫画とか雑誌が悪いとは言わない。
    ただし、コンビニで普通にR18雑誌や漫画が販売されている日本はそもそも社会の土台が変だよねと思う。
    SPA!とかにも普通に、胸部露出とかの写真が掲載されていたりするが、ラーメン屋で陳列しているところまである。
    スポーツ新聞なども卑猥な記事があったりするのでなんというか江戸時代の春画本が好きな時代から性文化はあまり進化していないよねと思うばかり。

    【要注意】送り付け商法で違法なアダルトDVDが消費者に届けられる?
    大人もスマートフォンで無謀なことになる社会
    例えばバスの運転手が勤務中にポケモンプレイしていた問題も発覚したりしていた。
    バス運転手が走行中にポケモンGOプレイ 大阪のバス会社
    これが子供、中学生・高校生にスマートォンを持たせ居た場合には、
    WEBサイトはまとめブログばかり見て結果猥褻な漫画広告をめにしたらクリックするのだろう。
    ひわいなフィギュアが表示されても購入する財布はないと思うが数百円ならもしかすると課金する可能性がないとは言えない。
    インターネット決済サービスは、コンビニのマネーカードで決済できるサービスがゴロゴロしているのだから。
    親にきづかれることなく、誰とも顔をあわすことなく、えっちぃコミックスが購入できてしまう土台は、あまり問題視されていない現代のスマートフォンのインターネットを考える怖い。
    ※一応違法アップロードで卑猥な同人コンテンツがわんさかあったり、D**comのR18ページへの移管もザルすぎるだろうと言わざるを得ない。