ネメシスコールという漫画。
にんじゃむ×森田和彦の作品。
舞台は現代の日本ですが「透明かした化物」が出てくる作品。主人公たちはこの見えない敵が殺害した事件を調べようとするのだが・・・。

作品詳細


ネメシスコール(1) (ヤングマガジンコミックス)

八木沢高校を襲った連続殺人事件の犯人は宇宙人。動機・凶器・犯人に繋がる証拠も皆無の難事件解決に名乗り出たのは、キレ者オカルト雑誌記者・小栗。誰もがバカにする中で、全国1位のスナイパーJK・ちとせと、ヤル気だけは一人前のおマヌケ新米刑事・辻とともに捜査を開始する。奇才と新鋭がタッグを組んで描く、予測不可能オカルトサスペンス発動!!

1巻

男子高校生のバラバラ殺人から。

「館川じゃんキモ!」と

「小栗さんに」とか誰やねん
八木沢高校指定の女子用ローファーと一致したと。

元刑事の小栗と
「宇宙人だ」とかパトカーで連行されると
仕事で黄金ビキニのレビュー
教室内で爆発
「俺がやりました」と
ラーメン屋でラーメン食う刑事

「模倣犯捕まえてどうすんの?」と

うさ耳巨体「だってここ狭いんだもん」とかw
藤堂さん死亡
赤外線カメラには映る敵

「エイリアンの死体はどこにある」と銃口つきつけられて
テレビ局則って宣戦布告
警察との衝突
小栗雷太と

2巻

玉子について調べがついて
兄の覚悟と

ファミレスにウサギ
JK vs 宇宙人
『拷問もあり』とか

「美村さつき」は実在すると

狙われるゆうきちとせ

捕まる主人公
『復讐はライフル行使で』と

雑感

話は悪くない
主要人物が基本3人なので分かりやすい 他に2人男がいますけども。
宇宙人ものっぽくなさは残るが、異星人ものの侵略系としても目新しい点は無いのが残念点ではあるが読み物としては読みやすいし悪い点は無い。
惹きつける要素はない
ただなんというかスムーズには感じられないところが難かな。
今後の流れに期待するしかないのだろうか。


ネメシスコール(1) (ヤンマガKCスペシャル) [ にんじゃむ ]

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

onnnagoe

「漫画村」が、4月11日に閉鎖?類似サイトが続々誕生。海賊版サイトへの対策は如何に

違法漫画サイトをなくすには?


ネメシスコール(2) (ヤンマガKCスペシャル) [ にんじゃむ ]