SecondLifeにログインすると接続数が表示されている、いままでどのくらいの人が常にinしているのか気になってはいたのですが、Second Lifeは終わらない 増えるユーザー、成長する経済 (1/2) 2009年の記事

実際、日本人のユーザーは増えている。Linden Labによると、Second Lifeにアクセスするユーザー数は月間約100万で、うち日本のアクティブユーザー数は4万5000人程度とブーム当時の2~3倍に拡大。ここ最近は右肩上がりに伸び続けているという。

SecondLife Online数は、2010-04-02-am10時の状態では、接続している人数は下記のとおり。
SecondLife Online数 2010-04-02金曜日 日本時間 am10時の人数


確かに、24時間3万人以上の人が常にアクセスしている状況だとは思うのですが、
SecondLifeは土地も広く、SIM数も年々増えているでしょうし、人口密度は国内だけでみると、あんまり変わっていない、むしろ一人の接続時間数は減っているのが現状だとは思います。

日本ユーザーは、女性が増えているらしいということですが、それでも比較的世代は30代以上の人が圧倒的に多い印象を受けます。今後若い世代ががっさーと入るようなことがあればマーケットは発展する可能性は大きくあると、思うのですが比較的この世代?は熱中するというよりも、適度に使っている印象があるため、リピート率はいいのではと勝手に思っていたりもします。残るはビジネスで使っている人が多いのもあり、年代が高めということもあるのやもしれぬ・・・。

ちなみに2010年3月1日現在、まぁ日本内のSIMは減ったり増えたり繰り返しているので一概に数はわかりませんが、日本人の割合も増えてほしいな~と思うのでありました。