ジャイアントパンダとしてセカンドライフに住み着いて早2年が過ぎたものの、あバターで思うのはただひとつ!(本当はたくさん言いたいことはある)

今まで何人かだけ萌え要素とはいわぬまでも、美形なアバターと遭遇することはあったものの、萌えるアバターが余りにも皆無に等しいということくらいか。

【ニコニコ動画】セカンドライフを萌えおこし!表情をWebで共有できるアバター動かしたよ


クリエモン

というかこれは便利そうなので利用させてもらおうと思う。

ただし、

ん違う。
ぢかうーーーーー。

別にセカンドライフに萌えが必要なんだ とは思わない。

ただこの製作者の2次元の絵をアバターで作る事としかもツールを無料で公開してるところにかなり魅力を感じたのです。
3Dの世界に2Dのキャラクターをおくと浮くのはままあるものの、これは見る側と演出でなんとかまぁごまかせばよいとしても。

なぜ今まで3Dの世界で2次元の絵を3D化してこけてたのか理由は簡単だ。
プロの3Dクリエイターが心血注いで作った3Dグラフィックならまだしも、SLで素人がちょろっと覚えて作った3D化したアバター何ぞに魅力はないのです。

なので2Dなことに大きい意味はあるとおもったのでした。
ということでクリエモンを使ってみることにしますノ