コンテンツとは

コンテンツとは、著作物のことを指す。

コンテンツの詳細

絵や漫画、記事や本、動画だと映像や音声、写真など
細分化するとロゴやフォントもコンテンツといえる。
誰かが作ったものがコンテンツだ。
コンテンツの定義に製作者の年齢も国籍も、商用か非商用かは問われない。
著作権フリーのコンテンツであっても誰かが最初に作ったコンテンツである。

著作権とコンテンツ

コンテンツを蔑ろにする背景にはインターネットの情報が無料で閲覧できることが上げられる。
しかしながら中には著作権の認識を履き間違えている大人が居たり、自分さえよければいいという身勝手な人がいたりするため何かと踏みにじられたり、炎上したりすることが多いのもコンテンツの背景にある。

コンテンツSEOとは、

SEO ホームページ
文字「コンテンツSEOとは、」

コンテンツSEOについて ホワイトハットSEOでよくいわれる、内部SEO対策の一つとしてコンテンツSEOというものが何か。 良いコンテンツさえ有れば被リンク(ナチュラルリンク)が増えるという考え方。

コンテンツマーケティングとは?

インターネット

コンテンツマーケティングという単語が存在する。 これはコンテンツを作って集客しようとする方法なのですが意外とエグイ。 今後インターネット集客はプロや本業の人と戦わないといけない戦場になる。 元々ブラックSEO業務でもやっていた人達が改心してホワイトハットSEOに乗り込んできたのか?と思う位に その内容が実になんでもありな感じの中身にみえて仕方がないのだ。 ここまで大々的に業者がコンテンツ制作に取り組み始めると、WEBの品質がどんどん劣化する可能性を危惧する。 Google検索のアルゴリズムとイタチごっこなのは、2015年現在でもたいして変わっていないのが現実だ。

コンテンツペナルティーの対策方法

SEO
Webspam チームによる手動の対応が取り消されました

ウェブマスターツールに登録しているとある日Googleから警告のお達しが来ることがある。 検索エンジンに関連するコンテンツペナルティーの色々乗っ取られた場合 ここではサイト内に何か問題があったとした場合の、ペナルティーに […]

コンテンツSEOに必要な要素

SEO
自分の別サイトの検索結果順位グラフ

よく検索結果外に飛ばされるGoogle検索さん。 復活できなく死んでいくドメインは結構ありますが、本当怖い。コンテンツSEOに必要な要素としての内部コンテンツについて掘り下げて考えてみる。

コンテンツマーケティング徹底解説

個人事業

コンテンツマーケティングを使って、集客する理由。 ホームページでの集客方法がわからない 検索結果上位にサイトが上がらない。 売り上げが出るユーザーを集めたい 自分のサイトのアクセス解析の見方や分析方法も理解できていない。 […]

関連するワード(単語)を調べる|WEBサイトのコンテンツ補強の施策

ホームページ

インターネット検索で、関連するワード(単語)を調べる方法の紹介です。 関連するワード(単語)を調べるいうのは、単純に調べ物をする際に検索するときだけでなく 自分のWEBサイトのコンテンツを補強するとき施策としても応用可能です。 インターネット上では『関連語句』が重要な要素を決める。 検索回数が少ない単語のページを作っても検索して訪れる人は少ないからだ。 前提として、人によっては同じ意味のことを検索したくても別の単語で検索している可能性もあるのだ。 スパム的な意味合いではなく、サイトのコンテンツ拡充に役だつ方法。 便利な方法でも間違えた使い方をすると自分の首をしめることになります。

モバイル コンテンツ向け アドセンスの末路

ホームページ
文字「モバイル コンテンツ向け アドセンスの末路」

数年前にモバイル コンテンツ向け AdSenseにGoogljapanが 意欲を見せていたような印象はあったが今世界的にもアンドロイドとiPhoneが主流のモバイル端末とインターネットにおいて「モバイル コンテンツ向け AdSense」の価値は無い。 今後モバイル コンテンツ向け アドセンスという広告は無くなるだろう。

コンテンツが、SEOでは最短距離の理由

SEO

Yahoo!JapanもGoogle検索エンジンを搭載して実質Googleが9割以上のシェアを握っている日本の検索事情ですが、SEOは検索エンジン最適化であって検索エンジンが求めている物はコンテンツ(主にテキスト)というか画像はaltとか近隣のテキストを参考にしている節が有るので9割以上はテキストだろう。

ネットとコンテンツビジネスと、今後

インターネット

先日電通がアメリカでキャラクタービジネスの展開のために支社設立みたいな何かしらの記事を見かけたのですが内容としてはライセンス販売を収益源に育てる。 というものだったのですが、コンテンツビジネスというとまだまだ色んな問題がネットで展開するには色々な面がある。

ページの先頭へ