給食とは

給食とは日本では公立の小学校中学校などでは昼間の食事は学校側が容易する食事をとることが多くこれを給食と呼ぶ。

前提

給食は外部委託する業者に製造しているものが多く、栄養価などは国が定める制限に乗っ取って作られているため子供に理想的な栄養価の食事が食べれる前提となっている。

給食に下剤入れて教師が救急搬送される事件

健康
文字「給食に下剤入れて教師が救急搬送される事件」

給食に下剤入れて教師が救急搬送される事件が愛知県で起きたらしい。 もし万一昼の給食に異物が混ぜられている可能性が有った場合食べることができるだろうか? 日本ではもっぱら「もったいない」が推奨されて 変な食べ残しは出来ない […]

ページの先頭へ