ストロングゼロがヤバイという現象は真実か否か?
このことについて考えてみた。

ストロングゼロやばい


ストロング系500ml缶でアルコール量が36gあることから
ストロング系の500mlのアルコール量がテキーラのショット3.75杯分という図
臓器障害を起こす危険性も有るというテロップが掲載されている。

STRONG ZEROの特徴

一般的に現在のチューハイは糖質オフやプリン体を抑えた物が大々的に販売されている。
ただしアルコールらしさを補強したストロングゼロシリーズも多く販売されている。
これは甘味特化のチューハイ市場に殴り込みをかけたといえる。

ビールのアルコール度数

「とりあえず生」が定番のビールのアルコール度数は平均的に3%から6%が主流でアルコール度数自体は高くない。

ワイン・焼酎と食べ合わせるもの

ワインや焼酎は15パーセント以上が殆どでストロングゼロの8%~9%と言う数値も高いものでは無い。
ワインをゴクゴク飲んで食べる付け合わせがスナック菓子とかだと簡単に生活習慣病まっしぐらだ。
チーズや肉類は高いためあまり日本では酒のつまみで豪華になることが少ない。サラミや干物などが関の山。
これは宅飲みほどそういう傾向が強い。
飲酒のアルコールによる害も大きいとは思いますが糖質過多になりやすいのも飲酒の問題点だと言える。
すき家の牛丼で痩せる事が出るのか?

文字「ストロングゼロやばいは真実か?」

雑感

ぬふふぬふふ

私的にもサントリーストロングゼロや
アサヒもぎたてはよく飲むのですが今のところ致命的な症状は出ていないので飲みすぎなければという事とと
変に食べ合わせるもので食べ過ぎなければさほど影響は少ないと思う。


酒と一緒にポテトチップスとかフライドポテトやピザなどをパクパク食べていたりすると危険だと思いますけどね。