コーヒー豆を引いた粉上のものから入れるコーヒーは、ドリップ式が主流だと思うので家電は使わないものを紹介します。

コーヒー豆

コーヒー豆
コーヒー豆

コーヒー豆は焙煎してあるコーヒーの木の実だ。
銘柄は、モカやキリマンジャロ、ブルーマウンテンといったものが有名どころでしょうか。
市販されている挽いたものなどは、ブレンドしたものも多い。
挽いた豆でもよいですし、豆のまま買ってきて、自宅で挽いてから入れるのも手間は掛かりますが楽しみどころは増えます。
粉砕する機器はコーヒーミルと呼ぶ。
家庭用のコーヒーミルは電動の物が市販されている
コーヒー豆は炒った後どんどん劣化していくため挽く前でも湿気や消費に気を配らなければなりません。
もしも極力味を求める場合はコーヒー豆のまま買ってきた方が無難です。


  • ドリップ
    少量の加熱したお湯を注いで、蒸らす時間は20秒間から30秒間。
  • お湯の注ぎ方はくまなく(「の」の字を書くように等諸説ある)
  • 残りの泡の部分は酸味が強いため捨てる
  • 水出し珈琲

    お茶パックに入れて水出しコーヒーは可能。
    8時間~12時間程度冷蔵庫で冷やす。豆の状態によって時間の加減は異なる
    最近ではポット上で挽いたコーヒーの粉末を入れて水を注いて置いておくタイプも販売されている
    味はホットから冷やした感じとは異なる物のアイスコーヒーの味は楽しめる。

    ホットもアイスでも抽出の仕方と機器は様々有るので一概にこれというものでもない。
    珈琲の入れ方や器具、飲み方は各国でも微妙に異なっていたり
    機器が異なっていたりして実に面白い飲み物だと思う。