本物はコレ
本物はコレ
今朝yahoo!を見ていたらこんな記事が。
<偽クロックス>正規品も偽物も中国製 消費者は識別困難という記事を見て

米国の人気ブランド「クロックス」の偽サンダル密輸事件で、名古屋地検一宮支部が15日、名古屋市の輸出入会社社長ら愛知、岐阜両県の3業者3人を関税法や商標法違反で起訴した。クロックス社の偽商品を巡る摘発は全国初。05年の国内販売以降、根強い人気を誇るク社のサンダルだが、偽サンダルも急増して市場に出回っているとみられている。「正規品も偽物もメード・イン・チャイナ。消費者が識別するのは難しい」と愛知県警幹部は言う。そんな事情も偽物横行の温床になっているようだ。


よくよく見てみると、今年のスーパークールビズでクロックスが注目されるが可能性としてあるんだということで、輸入品による不正が大量発生するのではということで取り扱われている。

ちなみに昨年の2010年で税関で差し止めされたクロックスは、実に16万足ということらしいです6.4倍
引用元 2011年6月17日
yahooニュースの2011年6月17日の記事だったのですが現在では閲覧不可能になっていました。

しかし・・・クロックスの偽物も、中国からのものが多いらしいですが、正規品も実は原産国が中国だったりするのでこのあたりはいろいろな物がもれていたりするんでしょうかね・・・。単純な物まねパクリな気がしないのでもなかったりするのでした。

ただ実際には素材やデザインが異なっていたりもする様子です。

特徴として以下の2点が

  • 偽物は臭い?

税関でクロックスの偽物が実はこんなにも多いクロックスを判別する方法としては、素材の違いから、ゴムのにおいが強烈ににおうのではとなっているが、正規品のクロックスも物によっては、購入後は数日間はやや匂ったりするようなので、偽物の場合は相当強烈なんでしょうか・・・
ちなみに私の近所でもクロックスのような靴を販売しているものは見かけますが、結構店頭とかにかごに山盛りにして、袋にも包まないで展示しているのはそういう理由からなのでしょうか・・・?真実はわかりませんが・・・・

  • 履き心地と軽さ

しかしこの項目で偽物を利用する理由が「安い」は消費者心理として理解できそうな感じはするのですが、
いかんせん「正規品にないデザインもある」という理由はいかがなものかと思うのでした。こうなってくると偽物が実はこんなにも多いクロックスが勝ってると判断する人がいたりするか?とすら思ってしまったのでした。

注目度が上がれば偽物も出回る。ところが、内閣府が08年に20歳以上の全国3000人を対象にした調査では、5割を超す人が偽物について「安い」「正規品にないデザインもある」などと購入に肯定的な回答をした。

「安い」については、似たようなデザインの靴がほしい場合その効果は別としてもまぁ買っちゃう思考は、わからないまでもないのですが、クロックスの正規品に無いデザインを求めるというのはちょっと違うんじゃないだろうか・・・と。

正規品のクロックスを購入する場合は

各種ブランドを取り扱っているjavariだと安心して購入可能ですし、万一のサイズ違いなどの時も返品可能です。1足からの購入でも送料なのでお得なんだと思うんですけどねw
クロックス crocs crocband kids