靴はファッションの前に気にかけておく必要があるポイントが存在します。

靴は衣類である以前に歩行の為外に出るときに足を保護することが最大の目的です。

履く靴は、時と場所で変える

山にパンプスで出かける人はいませんし、パンプスを履かないとTPOにそぐわない場所も有ります。
このことは、靴は現代社会でも場所を制限していることを意味しています。
靴をどれだけ保有して、管理することは、自分の生活エリアの管理にも意味することになります。

「あの服にはこんな靴がよく」て
「この服にはこういう靴を合わせる」と
服に合わせて靴選びをしていると
とてもじゃないですが靴棚では管理しきれないことになります。
極力靴は履かない靴が無いことのないようにきちんと管理が行き届いた数を保有していればそれだけで十分なのです。

大分類される靴の種類

  • 冠婚葬祭(フォーマル)
  • 仕事(ビジネスシーンや営業の外回りなど)
  • 普段使い用の靴(色んなシーンで使えるシューズ)
  • 遊び用(知人との遊びのシーンや、家族でのお出かけなど)
  • レジャー(海や山などに出かける際)
  • 一足履きつぶしたら次の靴を買うように心がけていれば無駄に靴は増えませんが中々そうはいかないという人も
    目的ごとにわけて管理したうえで、新しい靴はよっぽどの理由がない以上は、買い控えるのが無駄な靴を増やさないコツかもしれません。
    靴選びの知識