SEO(エスイーオー)とは、Search Engine Optimizationの頭文字をとった略語。検索エンジン適切化という意味だが、検索エンジンの仕様に対してホームページ(webサイト)を適切に作ることである。
検索エンジンのロボットに対して分かりやすくサイト(ホームページ)内の情報を伝えるために用いられる言葉。

もっばらSEO対策というと、SEOの知識を駆使して、検索結果で上位に表示しようとすることが目的で使われる。
ホワイトSEOという単語は、Googleが公開している基準に則って内部対策やコンテンツの量や内容の鮮度や充実量を切磋琢磨するのに対して裏を書こうとする人も居る。

SEOは何故必要か?

ホームページをインターネット上に公開しただけではアクセス数は0だ。検索エンジンに登録されて検索結果に反映される事でアクセス数は獲得できる。
他にもディレクトリサイトに登録するという手法も昔であれば存在したが検索エンジンが容易なため現在ディレクトリを一々チェックする人は極稀なケースだ。正直Yahooカテゴリーですら利便性は高いとは言えない。
この為検索エンジンに以下に登録してもらって、クロールされて検索結果によりよく反映される事が重要になってくる。(必ずしも上位表示が全てではない。)
他のブログなどのサイトから相互リンクなどでトラフィックを獲得する手法もかつては存在していたが今は進んでしてはいけない程度のことになっている。

SEOの事例

  1. 各種検索エンジンのウェブマスターtoolに登録する事(Google・Bing等)がある。
  2. 代表的な事例としてはサイトマップを作る事や登録すること。
  3. 日本ではGoogleへの検索エンジン最適化が全てと断言してもいい位のシェアである為Googleの検索エンジン最適化のガイドラインでも参考にサイト作りを心がければよい。
  • ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
    https://support.google.com/webmasters/answer/35769
  • 検索エンジンは年々減ってきているが増える傾向は無い。日本でも先日Naverが検索サービス停止を発表していたばかりだ。今後どうなるかは分からないがモバイル検索に限ってはBingとappleの動向が期待できそうな動きは存在する。

    ブラックハットなSEO

    ブラックSEOと呼ばれる対策は、被リンク対策だとか、各種検索エンジンに飛ばされかねないリスクを承知の上でグレーゾーンを突っ走る方法。
    他にどういうことがあるかというと上位表示するにはということで、例えばgoogle検索エンジンなどが被リンクの構造を評価するという仕組みがあったために、作為的な被リンクを張るというSEO業者などが現れた。
    その後はPR(ページランク)売買のリンク掲載など色々なブラックな処方が蔓延った。
    2014年現在においては、これらの手法は、効果が無いだけではなくペナルティーの対象になる事例も存在する。一度ペナルティーを受けた場合再度サイトを別ドメイン別コンテンツで作り直し他方が早いといわれるくらいリカバリーは難しいそうだ。(絶対に不可能なわけでもないらしい)

    検索エンジンはGoogle

    日本の検索エンジン市場は、Google、Yahooが9割以上ですが、Yahoo検索も中身はGoogle検索である為、実質的にGoogleのアルゴリズムを念頭に考える必要がある。これが意味することとしては、Googleに八部にされてしまうと、Yahooでもヒットしなくなるだろう。(Yahoo独自の検索エンジンではないため)

    一応他には、Bing(MSN:運営元はマイクロソフト)や、Naver(ネイバー:運営NHN)等があるが、検索してくる人は極端に少ない。BINGだけでは1割のアクセス数も獲得することは日本では不可能だ。モバイル端末もiPhoneやAndroidもGoogle基準だろう。(設定にもよるが)

    通販サイトでもSEOは必要。

    何故なら広告出稿だけでもASPやPPC広告だと出費がかさむし、お金が無尽蔵にあるわけでは無いから。
    PPC広告などだとクリックされても全く利益が薄いことも考えられる。
    SEO対策は一度重要な事を覚えてしまえば投稿ページを増やすときに注意すべきポイントを抑えればいいだけなので、コストとしては安上がりな面が強い。

    ただし最近でも素人がつくったようなECサイトや明らかに、何年も前のデザインのようなサイト、SEO的に考えるとアウトな手法を行っているサイトなど結構見受ける。サイト作成者にSEOの知識が無いと売れないページになる。

    SEO以外のトラフィック獲得の方法

    代表的なトラフィック獲得はPPC広告と呼ばれる手法。これはリンク形式ではあるが、出たり消えたりするので、必ずしも被リンクには該当しない。もっぱら検索エンジンの検索結果や提携サイトに表示されるローテーション広告だ。ただしクリックに対して課金が広告主になされる為コストが大きく掛かる。

    PPC広告で無い、通常のバナー広告タイプであれば、 rel=”nofollow” タグが推奨されているが日本のASPでは殆ど見かけない。今のところセーフな様子だが、 rel=”nofollow”をつけない掲載方法は、あまりお勧めはできない

    無料なトラフィック獲得の方法

    最近ではソーシャルメディアなどのサービスからのトラフィック獲得も1つの手段として考えられるが、検索エンジンは長期的にある程度のユーザーを獲得できる事に対してソーシャルサービスは、一過性のトラフィック増だけで、翌日はまっくトラフィックを得られないことがあったりするため、力を入れるとするとどうしてもSEOの方が比重は強くなる。
    Google+との兼ね合いがGoogle検索上では多少鍵を握る可能性がなくもないが日本ではGoogle+があまり浸透している印象は無いが今後は不明。

    パーフェクトSEO

    売上に直結するSEO対策が月額2,980円

    パーフェクトSEOは、完全定額制の月額2,980円(税込3,218円)で、内部施策から外部施策、WEBコンサルティングをご提供するトータルSEOサービスです。
    業界トップクラスのSEO技術力・上位表示力で圧倒的な費用対効果を実現しています。

    月額2,980円の格安SEO対策

    ビットレンジ株式会社


    I/51VUIZqBHEL._SL500_.jpg” alt=”入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方” align=”right” border=”0″ />

    入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方

    SEO的の正しいコンテンツの作り方を解説!

    ・SEOの基礎と、SEO効果を高めるために重要な「ライティング」の知識を解説します。
    ・Webサイトの更新・管理を任せられた人、
    Webサイトへの訪問者数が増えずに悩んでいる人におすすめです。

  • メーカー: 宮嵜 幸志,中島 健治,石村 浩延
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • 発行日:2015-11-27
  • 入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方