ホームページの修正は楽に行えますか?
HTMLサイトであれば、既存のサイトをFTPソフトでダウンロードして、ソフトで作っているのであれば、
加工を行うだけでいいのですが、
そもそもの編集ソフトの使い方がわからないとまったく手がつけられないと思います。
ホームページを修正する必要性は、
一般的には新製品の追加や、新スタッフ(社員)の紹介ページ、業務拡張などのページだと思いますが、スマートフォンが普及した現代のインターネット人口の増加が増えた事により、重要度は年々増してきています。
今では、何か起きたら、即公式サイトで修正する必要性が重要視される幾つかのポイントがあります。

炎上が起きた時

異物混入やアルバイト店員のトラブル・バカッターなどの炎上の際に公式の見解が発信できるのは、公式サイトしかありません。
最近では小学生でもインターネットに接続可能なスマートフォンを持っていますので、誰でも簡単に検索する頻度は増えています。
こんな情報の消費が早い時代に会社を巻き込むトラブルが起きて対応や、正誤の情報を発信できない体制では、信頼が一気にがた落ちする可能制は残ってしまいます。
公式サイトで発表する内容でなくともせめて公式twitterアカウントなどを普段から運用していて臨機応変に対応できる体制であれば問題ないのですが中小の企業では人材や時間・人件費で、そういう体制が整っている会社は少ないと思います。
実際公式twitterアカウント・facebookページで頻繁にコンテンツやキャンペーンを発信したりユーザーと会話が可能なのは、中小の経営者の一握りの人か、大手企業の従業員くらいしか存在していないでしょう。

このためリスクヘッジの意味でも公式サイトが有る場合には臨機応変に修正したり発信できる仕組みが整っていることの必要性はどうしても求められます。
何も新製品の紹介だけが現代のホームページの使い方では無いのです。

何か起きても、正しい説明や謝罪、誤解の無い情報、個人情報の漏れがないような仕組みや体制をとっておかないと、被害だけが広がる可能性が現代のネット上には存在しています。

これらのツールは使えますか?

    ホームページ 修正方法というと、
    HTMLやCSSなどをFTPソフトという、ツールでインターネット上の『サーバー』からダウンロードする必要があります。
    加工を行うときは、目的に応じたソフトを使わなくてはいけません。

  1. FFFTPというソフトや
  2. ドリームウィーバー
  3. 画像編集ソフト等(ペイントソフトや、Photoshop)が使えている人は、問題ないかも知れません。
  4. 動画を埋め込んでいる場合やフラッシュを作成したり変更するなどは、更に別のソフトが必要になります。

ホームページの作り方
私もホームページを作る以前は、FTPソフトの使い方がチンプンカンプンで手を焼いたことがあります。
HTMLやCSSもどこをどういじればよいのかは検討もつかなかったことがあります。(数年前ですが。)
更新するとした場合に

  • 古いデータをダウンロードしてから編集しないといけません。
  • サイトがHTMLサイトだと手書きで編集するにもソースコードで書かれたHTMLやCSSを理解できないと何処を、どう編集したらいいのかが気づけません。
  • 画像が必要であれば、画像編集ソフトでサイズや色味の変更は発生しますし。
    本当に大変な作業ですし、知識も手間もかかります。
  • ※ホームページの修正は、作業で失敗しても自己責任です。
    通常プランでバックアップが取れないレンタルサーバーは結構存在しています。
    これはリスクでしかありません。
    万一自身で保存が無い状態で復元できなくなるとお手上げになってしまいます。
    こうなると1から復元できなかったファイルを作成しないといけなくなりますし、画像ファイルを紛失すると容易するのも大変になります。

    会社だと危険

    例えばホームページ運営を担当していた社員が退社したことで全く手をつけてないと放置されている会社の公式サイトなどは、日本ではゴロゴロしています。
    結果、ホームページ製作が出来る担当者を採用するか、外部に委託しないといけない為、どうしても高コストになってしまいます。
    この辺りの危機管理をはじめから考えていないホームページ運営は、ふとしたときにトラブルの火種になる可能性があります。

    ホームページ 作成 自分で

    業者に依頼している場合は毎月高額なコストが掛かるか
    ちょっとした修正にも料金が発生して中小事業者では面倒だから公式サイトは持っていない所は多いのかもしれません。
    もし簡単に作成できて月額費用がサーバー代とドメイン代だけで済ませたくて、
    ホームページの作成を自分で行いたいと思う人は多いと思います。
    自力で一から、ドリームウィーバーだとかHTMLやCSSのタグ内を自力で学ぶことは選択肢として有りだとは思います。
    しかしながら知識が無い社会人や経営者だとホームページ作成やHTMLサイトを自分で更新するのは不可能です。
    一から覚えているのには知識が必要ですしメンテナンスも手間が掛かりすぎます。
    この場合は、WordPress(ワードプレス)を学んでみた方が楽だと思います。

    ホームページ制作

    会社サイトもワードプレスが楽。

    wordpressというのはPHPとデータベースを用いてサイトを作ったり更新するため、基本的には一度設置すればFTPソフトは殆ど使う必要なく、ブログを投稿する程度の気楽さでサイトの運用は可能です。(当サイトもword press(ワードプレス)ですがデザインがイマイチなのは拘っていないせいです) 
    Theme(テーマ)というテンプレートを交換すればデザイン変更は容易ですしカスタマイズも多様に可能です。
    最近では、最初から簡単にワードプレスを設置可能なサービスも存在します。
    WordPressに特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
    唯一ネックになる壁はドメイン(URL)の設定くらいですがこれさえ乗り越えれば比較的最近ではサイト作成の素人でも用意に独自ドメインでwebサイトを政策が可能になってきました。
    word press(ワードプレス)の、他にも同様のサービスにムーバブルタイプというものがあります。
    ECキューブというソフトですとショッピングカート機能はありますが ECサイトは、YahooショッピングやPaypalの機能を使っても構いません。
    最低でも会社の公式サイトは独自ドメインとレンタルサーバーの『ホームページ』がある事は今後はもっと重要になると思います。
    質問がある場合はメールフォームからご質問ください。

    お薦めの記事