SEO業者に関連する記事を沢山見かけたのでポイントを挙げてみる。
ブラックハットなSEO事業者はともかくとしても
ホワイトな業者と見せかけても実際の対策している内容はスパムまがいの事例も多い。
最初に断言しておくと
SEO対策を済ませたからといって必ずしも売り上げ向上に繋がったり、
PV数が格段に増えるというものではない。
正しく需要があるコンテンツ(記事・画像・動画)を掲載していくことに勝るは方法は存在しない。

こういうSEO業者に関わってはいけない事例

電話営業してくるSEO業者

典型的な事例。
電話営業してくるSEOを語る事業者は、それだけで検索エンジンから集客できないと自分から語っているような人です。
このような業者に依頼したらそれこそ自分のサイトが検索エンジンから集客できなくなるということに気づけない時点で愚かです。
最悪Google検索から吹き飛んでも、自己責任ですので、残るのは悲惨な結果だけです。

ミイラ取りがミイラになります。

メールフォームなどから、SEO的な内容の営業っぽいことを送ってくる輩もいる。(主に海外の事業者なのでしょうが)
ひとまずこれも電話営業と同様に、自分のサイトからは、全く集客が無いからフォームから営業しているのだろうと判断すべき。
電話で営業をかけるSEO業者。
この事はSEOが下手で集客力が無いことを体現していると言える。
こんな輩に関わると時間の無駄だけでなく、様々な損失を発生させるだけなので相手にしない方が良い。

SEOが出来るなら自分で稼ぐ

SEO業者が、自力で検索エンジンの上位に上げれる対策が出来るのであれば、その方法で作ったサイトで収益化している筈なのに
いちいち電話営業とかしているというのは滑稽以外の何者でもない。
稼げると謳った商材を数万円で販売している情報商材販売者と大差ない。
コンテンツSEOに必要な要素

リンク張ります

2015年時点においては、被リンクは必要ですが、これも数年前ほどはリンクはっても極端な効果には繋がらない。
数百、数千とかナチュラルリンクが増えたら別ですが、普通は自演でそこまでできない。
自演リンクやSEO業者となのる人のリンクがマイナスに作用するリスクが存在するため、
リンク張ります系は、理解できない・管理できないものは、試す価値は無い。(自己責任においては判断できるのであれば、構いませんが)
むしろリンクがなくとも上位検索できるコンテンツ作ったほうが低リスク。
今は如何に閲覧者が見てくれる拡散してくれるコンテンツを作ることにお金も時間もかけるべきだ。
遠回りのリンク対策なんざに気を取られていては時間と金の無駄である。

サテライトサイト

サテライトサイトは被リンクの重要さが減ってきているので、類似の記事を作成するくらいならメインサイトの記事として書いたほうがプラスに働くと考えるべき。今は生きているリンク(PV獲得てぎるリンクの方が重要に思う)
別ドメイン別サーバーにお金かけて記事作ってリンク貼り付けるとか2度手間でしかない。
人間視点がどうたらや、ロボット(検索エンジンのBOT)視点がどうこういう動画をみかけましたが、
結局、人が見てクリックしないリンクだと価値はない
人がサテライトのサイトの記事を評価しないとリンク自体の価値はないので、そのような記事が作れるなら自サイトに突っ込んでおくべきなので遠回りである。
検索エンジンを妄信してSEOに取り付かれる人につけたい薬。

悲惨なSEO対策事例

SEO業者に35万円払ったが、最悪な結果となったのでブログをはじめました。本当にありがとうございました。
https://kobe-tshirt.com/black-hat-seo/

この記事が大量アクセス集めた理由というのは、単純に悲惨な事例の紹介だと考えれるため、
SEO業者に依頼したとしても、このようなヒットは生まれない記事しか作られないだろう。

もしもSEOを語る人に
記事作成しますから、
と言われても、
昨今のコンテンツSEOとしては数百文字とか価値無いです。

数千文字という専門の記事であればまだマシだと思いますが、
それでもバズルことが無い記事だと、ゴミくそでしかない。(サテライトサイト作りますと同様の意味)

外注依存のコンテンツマーケティング事業者

コンテンツSEO最高だ!と吼えてる会社が、
記事作成をクラウドソーシングなどで、外部に発注している事例を多く見かける。
記事作成も、外注依存だと考えられるため、良質なコンテンツ記事がホイホイ作れるとも考えられない
(そもそも受けが良い記事などは安価で発注して受ける人が居るとも考えられないため)
自力で集客できる記事を書けるなら自サイトで収益化したほうが楽なのだから。
「ウェブライターの文章が下手」という記事がなんか的を得ていない気がしたので。
以前にも書いたのですが、プロのライターと語る人、サラリーマン気質が抜けないのか?
どうも労力を作業単価で切り売りする人が多い気がしなくもない。

記事作成しますから⇒記事の品質と中身と、
実際に運用してアクセスが全く獲得できなければ価値が無いので
やってみないとプラスになるかどうかは分からないというのが実態。
1文字0.*円という単価や1文字1円程度の記事をサイトに突っ込んだとして、それで集客できたら苦労しない。
テレビで話題!SEO対策、キャッチコピー、ロゴ制作など、ダイエットから恋愛相談まで出来るココナラ

ブログやサイト買わせてください系

最近当方にも届いたのですが サイト買わせてください系のメールを送ってくる人も相手にするだけ無駄です。
テキスト文章でも著作権がある物なのですが、
それを知らない他人に譲渡する金額に見合わないことと、何年間も運用したドメインを他人にあげることなんざ、ネット上での信頼を失墜させるリスクだけがついて廻る。
自分の撮影した写真などのコンテンツをサイト内に掲載していたら
それすら譲渡だと、相当面倒な話になる。
譲渡したあとの改変などを想像しただけでも恐ろしくなる。
ナナピのような事業者同士のウェブサイトの譲渡ならまだしも
普通の個人サイトを買わせてください系は、怪しさプンプンなのでスルーするに限る。
何億円とか積まれるなら別でしょうけど。

更新しなくなったブログを買い取り稼ぐ!その問題点?Blogアフィリエイト入門エッセイ30最終回 
http://yarukimedesu.hatenablog.com/entry/2014/10/31/070000

こういうことを考える人が居るのも怖いのですが、
過去にもサイト売買サービスが存在していたし、
しかしながら無料ブログなどでも規約を読むと、
他人へのIDやパスワードの譲渡は禁止なものが多いと思うので非現実的です。
SEOに強いブログ

入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方

入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方


SEO的に正しいコンテンツの作り方を解説!

・SEOの基礎とSEO効果を高めるために重要な「ライティング」の知識を解説。
・Webサイトの更新/管理を任された人、Webサイトへの訪問数が増えずに悩んでいる人におすすめ。

  • 著者: 宮嵜 幸志,中島 健治,石村 浩延
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • 発行日:2015-11-26
  • 入門SEOに効くWebライティング サイトの価値を高める正しいコンテンツの作り方