インターネットリテラシーとは?
ネットリテラシーとして略称が多様される言葉。
リテラシーは読み書きする能力の事で
ネットリテラシーは インターネットを使う能力を指す言葉である。

読み書きする力

スマートフォンに最初からインストールされているTwitterなどを限定的なサービスと勘違いして増えたのがバカッターである。
スマートフォン普及世代がwww(ワールドワイドウェブ)のインターネットに対する理解力の欠如と、
SNS等のサービス利用の理解力の無さから使われるような印象の単語が、ネットリテラシーである。
2017年度時点でも中高生のキッズたちによるバカな性もない罵声コメントが溢れかえっているYouTubeなどを見ると程度が見えてくる。

インターネットリテラシーが必要な理由

スマートフォンが使える。
操作は自信がある。
文字入力は早い方だ。
こういうことではない。
インターネットリテラシーが必要な理由というのは、インターネットを安全に利用し
不必要なトラブルに巻き込まれないようにする知識として必要な基本的な能力を指す。
中学生高校生のソーシャルメディアを中心とした炎上事案が後を絶たないのは根本的なネットの知識不足によるものだといえる。
最近では学校などでも基本的なネットリテラシーとまではいかなくともスマートフォンの危険性についての知識は教えているようですが、
やんちゃ盛りの10代などでは、暴走する危険度は高く下手をすると一生取り返しがつかないダメージを追う可能性があるのがインターネットだということを認識しておかなければいけない。
ちばけんま事件
ケツゲ****事件など。
一度ネットに流出すると何年も痕跡だけが残り続ける事例は後を絶たない。

旧世代

『ネチケット』などという死語を使うインターネットを理解しきったつもりでいるおっさんがたまにネットリテラシーゼロなことが多い。
顔写真付きでインターネットのアカウントを運用していたりする反面、罵倒などを平然と吐いている中年がいるのも痛々しい。
『ネチケット』という単語(死語)
2017年度時点でプロフィールランなどでネチケットという記載をしている人が居ればタダの痛い人である。

文字『インターネットリテラシーとは?』

【auひかり】フレッツ光よりも月額1,260円おトク!