罠、交通違反の反則金を稼ぐ警察
という記事が有ったのでメモしておく。

記事

  • 「ワナ」を仕掛けて交通違反の反則金を稼ぐ警察?そのセコすぎる手口
    それが仕事と呼べるのか? http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50024
  • 国税は突然やってくる! 後悔しても遅い、容赦なき自宅捜索の実態
    元国税調査官が「手の内」を明かす http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49053
  • というのも、税務署の年度始まりは7月1日。
    そして、7月から12月までは「勤評ダービー」と呼ばれ、調査官たちが競うように申告漏れや脱税を暴こうとする。
    全国の税務署の国税調査官たちが「獲物」を狙って、各地の家庭に臨宅を仕掛けてくるわけだ。

    公的な役人は

    公的な役人は正義の味方でも法律を尊寿することが第一ではない。
    組織の決まりを守ることが優先で国民の生活向上のためなどで動いている人は一人としていない。
    独断で行動することよりも組織のルールが第一優先。
    業務が優先事項。
    外れた行動は良し悪し別に問題視される。

    不祥事が多いのも警察の特徴

    大阪府
    神奈川県警など不祥事を起こす警察が多いのも特定の地域が多い。