Search Protectの削除方法(アンインストール)の紹介です。
http://search.conduit.com/というツールバーや、ブラウザ起動時に新規ウィンドウで上記URLのサイトが開かれる設定の削除方法。
当方の場合、DivXをアップデートしたらツールバーが勝手にインストールされてしまった。
適当に更新のチェックボタンを確認せずに進めていたらこのざまだ。

http://search.conduit.com/?
http://search.conduit.com/?********(数字の列)

といったURLの検索ウィンドウが起動時に立ち上がるし、インターネットエクスプローラー・Firefox・GoogleChromeでツールバーが表示される始末。
腹が立ったので、削除する手順の流れ。

スポンサード リンク

search.conduit.comる(Search Protect)→削除方法

以下手順

1回目

最初にwindowsの『プログラムの変更と削除』で該当ソフトを削除する。

search-conduit
search Protectをアンインストール

もしも発行元に、conduitの他プログラムがあれば記憶にない場合はそれもアンインストール。

その後に、ブラウザごとにツールバーの表示が残っている場合は、
IE(Internetexplorer)、Firefox、googleChrome各々で『ツール設定』で全て削除する。
アドオンや拡張機能の設定で削除可能。

しかしここまでやっても、GoogleChromeだけは消える事がなかった。
ググッタがピンとくる記事がなかった。

ブラウザ再起動でも、再起動しようとも何回、再起動しても表示される。
再インストール(上書き)しても歯が立たない。

2回目

chrome://settings/searchEngines

とアドレスバーに入力して
search.conduit.comを削除する。

これでも起動時に開かれるタブは、消えなかった。

3回目

GoogleChromesetting

続いて設定から

特定の一つのページまたは

『起動時』内の→『特定の 1 つのページまたは複数のページを開く』の右にある『ページを設定』のリンクをクリックする

起動ページが表示されているはず。
起動ページが表示されているはず。

ここで『http://search.conduit.com/』削除する。

デフォルトの状態に戻った
デフォルトの状態に戻った

これで何とかGoogleChromeも起動時に邪魔なタブが表示されなくなったのですっきりした。

追記: 公開日時: 2014年1月2日

コメントで指摘いただいた内容で最新の状態だとインストールフォルダが残っていてそれが悪さをしている場合があるらしい。
念のため

コンピューターの Program Files(X86)にもSearch Protect のフォルダがありました。そこで、アンイストールを選択し、実行したところ、元に戻りました。

C:Program Files (x86)
にアクセスして ”Search Protect”の名前のフォルダが無いことを確認してください。
万一有った場合はフォルダごと削除してください。
アンインストールのProgramがあればそれでを試すでも可。
この現象は、当方では未確認ですので1番コメントの情報参考です。

追記: 2014/03/06 23:11

さらに削除する方法が、ややっこしくなっているらしい。
2014/03/06 21:33のコメントを確認して頂きたいのですが、
流れとしては、現在はこうなっているらしい。

  • ”Search Protect”を削除しようとすると、開いているから削除できない。
  • と表示された場合は、

  • Search Protect フォルダ内の『uninstall』をダブルクリックで起動。
  • サーチエンジンの選択をインストール以前の検索エンジンを選択する
  • webスタートページを元に戻す を選択する
  • そしてアンインストール
  • これで削除可能とのこと。

    アンインストールの方法が変化しているということなので相当厄介な気がする。

    追記:また特徴が変わっているらしい。

    2014/04/05時点

    「Program Files(X86)」だけでなく
    「AppDataLocal」にも残っており、そこまで削除しないと戻りませんでした。

    同じ症状の方のためにも書いておいていただければと思います
    4月5日のコメント

    絶対定期的にインストールフォルダとか細かな仕様が変わってアンインストールしにくくしているとしか思えない。
    なんというか悪質なソフトなのは、ほぼ間違いないが迷惑極まりないと思う。
    もし何かのソフトで、インストールしたときに付いてきたら、ユーザーディレクトリも逐一チェックしたほうがいいかもしれない。

  • これでも改善されない場合は2014/04/06のコメントを書いてくれた方の、ファイル名などで検索して直接削除する方法を試すのもありだと思います。
  • どのアンインストール方法は自己責任でお願いします。

    追記:2015/04/07
    FireFoxだと、『リフレッシュ』することで解消することもあるとコメントいただきました。

    リフレッシュについては以下

  • Firefox をリフレッシュする – アドオンや設定のリセット
    https://support.mozilla.org/ja/kb/refresh-firefox-reset-add-ons-and-settings?redirectlocale=ja&redirectslug=reset-firefox-easily-fix-most-problems
  • 予断

    推測ですが、hao123なども同様のことが置きそうなので怖い。(ただ最近PC初心者の人のパソコン見る機会が無いので、この手の挙動がよくないアプリの種類には疎いのでした。そもそも自分のPC犠牲にしたくないもので。)楽天ツールバーなどもインストールしたくないですし。
    何か目的のソフトをインストールする再にはチェックマークが必要が無いものもインストールされる事例はまったく減らないので、ダウンロードしてインストールする再にはよく注意して利用しましょう。